〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

長引く咳の治療

HOME»  長引く咳の治療

咳喘息、アトピー咳嗽、気管支喘息、感染症なら愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

スマホ・携帯サイト
ビジネスビジョンCalooドクターズインタビュー 医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼
Facebook
 
 
Twitter
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

当院では、風邪症状はもちろんの事、花粉症などのアレルギー疾患や、長引く咳や喘息、肺炎や肺がん、肺気腫、間質性肺炎などの多数の呼吸器疾患の診断や治療を行っております。

長引く咳

長引く咳の原因として、咳喘息、アトピー咳嗽、過敏性肺臓炎、副鼻腔気管支症候群、慢性気管支炎、胃食道逆流、百日咳などがあります。

また、肺がんの初期症状の時や肺結核などの重大な病気のこともあります。

2~3週間以上続くときは、胸部レントゲン検査や血液検査などをすることをお勧めします。

しかし、胸部X線・血液検査だけでは、鑑別がむずかしい疾患があります。
そのようなむずかしい場合に、肺機能検査が役立つことがあります。
当院では、肺機能検査(マイクロスパイロ)が迅速にできます。


肺機能検査をすることによって、疾患の鑑別が難しい場合は、疾患をより正確にしぼりこむことができ、また、治療に難渋する場合は、最適な治療法に早く結びつくことが出来ます。

また連携施設での胸部CT検査にも対応しています。

種々の原因疾患を鑑別して、長引く咳に対する適確な治療を行っています。

長引く咳(慢性咳嗽)の原因と主な治療法

① 湿性咳嗽(しっせいがいそう)
1.副鼻腔気管支症候群(去痰薬、マクロライド)
2.後鼻漏(ヒスタミンH1-拮抗薬、ステロイド、抗菌薬の局所投与)
3.慢性気管支炎(禁煙)
4.限局性気管支拡張症(抗菌薬、切除)
5.気管支喘息による気管支漏(ステロイド)
6.非喘息性好酸球性気管支炎(ステロイド)
7.肺癌、とくに肺胞上皮癌
8.気管支食道瘻、気管支胆管瘻(瘻孔の閉鎖)
② 乾性咳嗽(かんせいがいそう)
1.アトピー咳嗽(ヒスタミンH1-拮抗薬、ステロイド)
2.咳喘息(気管支拡張薬、ステロイド)
3.アンギオテンシン変換酵素阻害薬による咳嗽(薬剤の中止)
4.胃食道逆流(H2-拮抗薬、プロトンポンプ・インヒビター)
5.喉頭アレルギー(ヒスタミンH1-拮抗薬、ステロイド)
6.間質性肺炎、肺線維症
7.心因性(心療内科的治療)
8.気管支結核(抗結核薬)
9.肺癌、とくに中心型肺癌(癌に対する治療)

息切れ・息苦しさ

安静時の呼吸苦や、歩いていたり、階段をのぼると息切れがでたり、また、横になったりすると息苦しくなる方は、ご相談ください。

慢性呼吸不全や肺気腫、喘息、気管支炎などで、このような症状が出ます。

また、心臓の病気や貧血でもこのような症状が出ることもあります。


息切れや呼吸苦が出るときは、胸部レントゲン検査や血液検査や、必要に応じて肺機能検査をすることにより、原因を適確に診断することが出来ます。

咳喘息

寝るときに横になると咳き込んだり、電話で話していると急に咳き込んで止まらなくなったり、風邪を引いた後に咳が長引いたり、温度差があると咳が止まらなくなったり、咳止めを飲んでも良くならないことがありませんか?

そんなあなたは咳喘息の可能性があります。


はっきりとした原因は不明ですが、クーラーの冷気やほこり、たばこの煙、アレルギーなどが原因と言われています。

通常の咳止めでは治らず、吸入薬や気管支拡張剤が有効と言われています。

症状に心当たりのある方は、クリニックへの受診をお勧めします。

アトピー咳嗽

花粉症の時期になると咳が出る、埃っぽいところに行くと咳が出る、寝ていると咳き込んでしまう、そんなあなたはアトピー咳嗽の可能性があります。

咳喘息と同じように、咳止めを服用していても咳が長引きます。


咳喘息との違いは、気管支拡張剤が効かずに、抗ヒスタミン薬などの抗アレルギー剤がよく効きます。

治療の基本は吸入薬と抗アレルギー剤です。


症状に心当たりのある方は、クリニックへの受診をして頂き、必要に応じて、アレルギー検査などを受けることをお勧めします。

気管支喘息

気管支喘息はアレルギー反応やウイルス、細菌の感染により、気管支の炎症が慢性化することで、気道過敏性が亢進して咳が出たり、気道が狭くなって息苦しくなる病気です。

治療には、ステロイド吸入薬やロイコトリエン拮抗薬、気管支拡張薬などを使用します。

当院では急な喘息発作に対応するため、吸入や点滴も行っています。

また、喘息と似た症状が、心不全などの心臓の病気でも出ることがあります。

喘息様症状が出た方は、早めに受診され、的確な治療を受けられることをお勧めします。

感染症

ウイルス、細菌、真菌(カビ)などをはじめとする、さまざまな病原微生物に起因する感染症を対象としています。

また内科領域全般を中心とした、すべての臓器にまたがる感染症を対象としています。


院長は、総合病院や大学病院で、長年、治療に難渋する様々な臓器の感染症や難治性疾患の治療に精通しており、その豊富な経験をもとに、適切な検査・治療を提案します。

具体例

1.インフルエンザ、マイコプラズマ、細菌性肺炎・気管支炎などの呼吸器感染症
2.尿路感染症(膀胱炎も含めて)
3.胆石症・すい炎などの肝・胆道系感染症
4.ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)
5.消化管感染症
6.肺結核症・非結核性抗酸菌症
7.糖尿病性足病変
8.EBウイルス感染症、サイトメガロウイルス感染症などのウィルス性疾患
9.その他の様々な不明熱など。
ページトップへ戻る

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

クレジットカードがご利用いただけます。

クレジットカードがご利用いただけます。

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2019年 春】
2019年 春