〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
WEB問診票 事前記入はこちら
よくあるお問い合わせ Q&Aはこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
お問い合わせ
メディア・講演依頼
Inquiry From Overseas
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

オーソモレキュラー

HOME»  オーソモレキュラー

自らの自然治癒力や免疫力を高めて、症状の改善、病気の進行を防ぎ、さらには病気の予防を目的とする治療法。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

一般内科・漢方治療
糖尿病・甲状腺・内分泌疾患治療
消化器疾患治療
感染症・呼吸器疾患治療
アレルギー疾患の治療・その他の治療
生活習慣病治療
泌尿器科疾患治療
外国旅行用・外国人問診票
健康診断・予防接種
男性のための治療
エイジングケア
がん補完治療
その他の自費治療

飲む高濃度ビタミンC

新規の薄毛治療薬

糖尿病と認知症
糖尿病とガン
老化物質AGEと糖尿病
腸内細菌と糖尿病
緩やかな糖質制限
糖尿病の最新治療
糖尿病教室のご案内
試食会のご案内
感染症の迅速検査
疾患別漢方薬の使い分け
スマホ・携帯サイト

Public Relations Office広報窓口お役立ち投稿記事

創業手帳 軽井沢ラジオ大学 総合医療でがんに克つ Daikandou at TED TALK Next Era Leaders×Wall Street Journals Next Era Leader's Award TBSラジオ テンカイズα シゴト手帖 KENJA GLOBAL スーパードクター 経営破綻寸前の病院が大感動を売ってみたら大人気になった件について 日本でいちばん大切にしたい会社8 書籍 12人の医院経営ケースファイル 書籍 臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学 書籍 クリニック人財育成18メソッド Newyorktimes Newsweek スーパードクター出演 ナイツのHIT商品会議室出演 ビジネスビジョン ビジネス共同参画TV 未来をつくるこどもクリニック 覚悟の瞬間 私の道しるべ リーダーの流儀 Caloo ドクターズファイル ドクターズインタビュー

 

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼

Facebook
 
 
Twitter(クリニック)
Twitter(採用担当)
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

栄養解析&オーソモレキュラー
栄養療法を始めました!
「健康な未来のために、あなたの栄養を科学で支えます!」

オーソモレキュラー予防医学の重要性

現代は、病気になってから治療するのではなく、病気になる前から予防し、健康長寿を目指す事が必要な「予防医学」の時代になって来ました!
あなた次第で、病気で苦しまない健康な未来が訪れるのです!

オーソモレキュラー栄養療法とは?

わが国では「分子整合栄養医学」とも言われています。医薬品に頼らず不足している栄養素を摂ることにより、身体に本来あるべき正常な状態に整え、「自らの自然治癒力や免疫力を高めて、症状の改善、病気の進行を防ぎ、さらには病気の予防を目的とする」治療法です。
現代は、病気になってから治療するのではなく、病気にならないよう予防し、健康長寿を目指すことができる時代になってきました。

オーソモレキュラー栄養療法は、下記の3つの輪から成り立っています。

オーソモレキュラー栄養療法3つの輪

  • 1つ目の輪は基本となる『食事』です。野菜が多めなどの一般的なバランスの良い食事が必ずしもその人にとって最適な食事とは限りません。オーソモレキュラー栄養療法では、個々の状態に応じた食事方法を取り入れています。特に「血糖値の安定化」と「タンパク質の最適な量の摂取」を基本としています。
  • 2つ目の輪は『サプリメントによる必要な栄養素の補充』です。オーソモレキュラー栄養療法では、代謝のトラブルを改善させる働きを持つ栄養素を利用するため、高用量のサプリメントでの「必要な栄養素の補充」が重要になります。
  • 3つ目の輪は『生活習慣』です。運動や睡眠、日常生活に潜む様々なストレスは栄養の代謝に大きく影響しています。ストレスは栄養素の消費量を増し、栄養欠乏を引き起こす原因でもあります。オーソモレキュラー栄養療法では、日常の生活習慣などで消費する栄養素についても注目しています。

このような症状をお持ちではありませんか?

あなたは、このような症状をお持ちではありませんか?

「なんだか体がだるい」、「元気が出ない」、「性欲がない」や、「ずっと昔からこんな調子だから仕方がない」と諦めていた身体の悩みでも、実は栄養不足により引き起こされていた身体からのシグナルということがよくあります。
それらに対して栄養解析という観点から不調の原因を分析し、食事療法のアドバイスを行いながら、本質的な体質改善の方法を提案します。

次のような症状に当てはまる方、是非ご相談ください

・疲れやすい ・やる気や集中力がない ・気分が落ち込みやすい ・めまい ・耳鳴り ・イライラする ・頭痛や肩こりがひどい ・生理前になると気分が落ち込みだるい(PMS)・抜け毛が多い ・肌の調子がよくなくてニキビ、湿疹、アトピー性皮膚炎で悩んでいる ・花粉症が治りにくい ・不妊 ・食事が不規則で偏食がち ・ダイエット中 ・美容やアンチエイジングに興味がある方

当院では、小児から大人までどの年代の方でも検査治療ができます!

あなたの身体はすべて、あなたが食べた食べ物(栄養素)で構成されています

飽食の現代、バランスの良い食事に気を付けていれば本当に栄養は十分に足りているのでしょうか?
食事はしっかり摂っているし、「健康診断」でも異常ないと言われるが、体調が良くない、疲れがとれにくいなどの症状がある方も多いのではないでしょうか?
カロリーは十分にとれているが(糖質摂取過多)、たんぱく質、ビタミン、ミネラル(女性では特に鉄)などの栄養素が不足している可能性があります。
栄養素が不足していると、様々な身体の不調や病気の原因になるといわれています。

オーソモレキュラー栄養療法は、薬ではなく、「至適量の必要な栄養素」を摂ることにより、自然治癒力を最大限に発揮させ、より最良な健康状態をすること目的としています。

自分は食事にはかなり気を使っているけれど、それでも必要なの?その思い込みが落とし穴かもしれません

患者様の中には食事に気を使われている方も沢山います。

しかし、実は、「野菜はしっかり食べて、脂っこいものにも気を使っている」という方でも血液検査を行うと、特定の栄養素が欠乏しているというケースがとても多いのです。
「飽食」と言われる現代では、カロリーは十分に摂れていても、糖質過多や、たんぱく質、ビタミン、ミネラル(鉄、亜鉛)などの栄養素不足に陥りやすい傾向にあります。

実際、診察・検査により「思いもよらない栄養不足が不調と関係していた」と発覚することが多くあります。

「自分に必要な栄養素をきちんと知ること」、すべては「血液検査による栄養解析」から、始まります

オーソモレキュラー栄養療法では、栄養状態を解析するために60項目以上の詳細な採血検査を行います。
血液検査データを分子栄養医学的に「栄養解析」することで、不足している栄養素を分析して病態の原因を究明します。

食事の改善と必要な栄養素を「医療用サプリメント」で、的確に補充して、根本的な原因にアプローチします。
その結果、薬を使わずに自らの自然治癒力を高め、より良い健康状態へ導きます。

検査値が基準値に入っていれば正常ではありません

60項目以上に及ぶ血液検査結果は、身体の栄養状態を最も明確にかつ、客観的に指し示す指標になります。
その血液検査結果を、オーソモレキュラー栄養医学の方法論とこれまでに蓄積してきた膨大な統計的臨床結果に基づき、目には見えない体の中の栄養状態を読み解き、あなたに必要な栄養素とその量を解析し、レポ-トにします。
例えば健康診断では異常なしの患者様でも、「隠れ貧血」、「隠れ脂肪肝」などを示す数値的問題が見つかることもあります。
また通常の健康診断では「基準値内=異常なし」とみなされる数値も、当院の「栄養解析」では細かい兆候までしっかり調べることが出来ます。

薬の治療と栄養療法の違いは?

現代医療の主役である薬は、多くの病気の治癒や撲滅に効果を上げてきました。

しかし、薬には、「何となく調子が悪いことを改善したい」、「もっと優れた健康状態にしたい」、ということを期待することはできません。
また、常に副作用の心配が伴い自然界に存在しない物質であるため人間にとって異物であるということの危険性を考慮しなくてはなりません。

一方、栄養療法は、薬による治療と異なり、身体に優しい反応によって病気や症状を改善したり、より良い健康状に導く、古くて新しい治療法なのです。

普通のサプリメントとは違うのですか?

当院が提携するMSSが使用するサプリメントは、高純度・高濃度・高品質な医療機関専用のメディカルサプリメントです。

MSSのHP:https://direct.mssco.jp/

当院のサプリメントの特徴

  • 医療機関でのみ取り扱われる日本製サプリメントです。
  • 抽出や濃縮の方法を工夫し、高容量で摂取が可能です。
  • 吸収率、相乗効果を考え、天然物由来の混合物で作っています。
  • 日本人の体質に合うように研究開発を行っています。
  • 医師使用に耐えうる高品質原材料を使用しています。
  • 医療機関のみで使用されている信頼のサプリメントです。
  • 公益財団法人日本健康・栄養食品協会認定のGMP工場で製造し、原材料の受け入れから最終製品の出荷の段階まで、厳重な管理基準の下、安全かつ高品質に製造されています。

あなたの健康維持にお勧めのサプリメントは、
下記のネットでダイレクト注文出来ます!

  • 但し、ネット注文には「クリニックキー」が必要となります。
    「クリニックキー」はMSS製品を導入している医療機関でのみ発行されます。
    当院をご利用頂いた患者様に、「クリニックキー」を付与します。
  • 24時間365日いつでもご注文可能です。
  • お支払いは、「クレジットカード」または「現金代金引換」からお選びいただけます。
    なお、クレジット手数料、代金引換手数料は無料です!

MSSダイレクト
https://direct.mssco.jp/

MSSダイレクト

詳しくは、下記の導入医療機関一覧の
掲載クリニックにお問い合わせください。


https://www.mssco.jp/consumer/clinic/

治療の流れ

60項目以上の血液検査結果に基づいた「栄養解析」から、必要な栄養素を把握し、その後の治療にあたります。

初回:問診・血液検査

当院では「血液検査」という方法であなたの「栄養状態」を解析しています。
血液検査結果をオーソモレキュラー栄養医学的に「栄養解析」することで、あなたに不足する栄養素を見つけ出し、結果を栄養解析レポートとして患者さんにお渡ししています。
血液検査という客観的指標に基づいて、栄養素を補充する指導を行い、自然治癒力を最大限に引き出すアプローチで症状改善を目指します。
健康診断での一般的な採血検査とは異なり、「60項目以上の詳細な項目」の検査を行います。
まずはチェックシートにご記入の上、お悩みの症状、普段の食事、ライフスタイルについて、詳しくお聞かせ下さい。
栄養解析を受ける方は、専用の問診票(栄養解析シート)にご記入いただきます。
(初回3枚、2回目以降4枚)院内の時間短縮のため、事前にご記入いただきますと大変助かります。
詳しくは、受付スタッフにお尋ねください。

➀オーソモレキュラー栄養療法の問診票(栄養解析シート)(PDFが開きます)

②栄養解析結果の解釈(PDFが開きます)

2回目:栄養解析結果の説明

「栄養解析結果」に基づいて、あなたの栄養状態、食生活の問題点をご説明します。

治療

管理栄養士による食事改善指導や、一人ひとりに合わせた医療用サプリメントなどの治療方法をご提案します。

1ヶ月後、医師&管理栄養士による栄養カウンセリング

1ヶ月治療をしてお困りのことを聞かせて頂いたり、管理栄養士による食事内容の改善のチェックと栄養カウンセリングをいたします。

半年後、効果判定

栄養解析検査を再度行い、栄養状態、症状の再評価をいたします。

  料金(税別)
初回
医師の診察 血液検査(約60項目)栄養解析
21,000円
2回目以降
医師の診察&管理栄養士による栄養カウンセリング
5,000円
2回目以降
栄養解析
18,000円
医療用サプリメント(1ヶ月)
(予算に合わせて調節いたします。)
3,500円~80,000円

効率よく心身の不調を改善するため、当院では医療機関でのみ扱われる高品質の治療用サプリメントを取り扱っています。
薬局やコンビニで市販されているサプリメントと比べやや高額ですが、体内での吸収率や相乗効果を考えて研究され、厳しい管理基準に基づき天然由来成分から製造されている高濃度サプリメントです。
栄養療法に基づく栄養解析・治療用サプリメントの処方は全て自費診療となります。

不調がある方に不足しがちな栄養素

◯ ビタミンB群

体のエネルギー産生に欠かせない栄養素で、ストレスやアルコール摂取、過食、感染症、特定の薬剤摂取などにより不足が生じます。
B群全体を複合摂取することをお勧めします。

[よくみられる症状]
疲れやすい/寝ても疲れが取れない/日中の眠気/集中力が続かない/いらいらする/肩こり/口内炎ができやすい、など

◯ ナイアシン(ビタミンB3)

さまざまな精神症状と関係します。
サプリメントではビタミンB群の中に含まれていますが、不足の強い人はナイアシンを別に加えて補うことをお勧めします。

◯ 鉄

女性の美容と健康には必須の栄養素です。
一般の医療機関では、ヘモグロビン値で12g/dl以上(女性)あれば「貧血はないから問題ない」と言われることが多いですが、潜在性の鉄不足の人は非常に多く、貧血同様の症状がみられます。
妊産婦や成長期の子どもは鉄の必要量が増えるため、不足しないよう注意が必要です。

[よくみられる症状]
疲れやすい/体がだるい/動悸/頭痛/めまい/眠気/不安感/気分の落ち込み/集中力の低下/冷え性/喉のつまり感、など

◯ 亜鉛

こころや体をいきいきと保つために大切なミネラルです。
ストレスやアルコール摂取で不足しがちになります。健やかな皮膚や爪、髪を保つためにも必要です。

◯ たんぱく質

わたしたちの体を作る上で一番基本となる材料です。
たんぱく質の不足はさまざまな不調の原因になります。

一般的に生活習慣から見た不足しがちな栄養素

下記のような人はカッコ内のビタミンが一般的に不足しがちです。

  • ストレスの多い生活をしている人(A、C、B1、B2)
  • 甘いものを好む人(B1)
  • かぜ、胃腸炎などの感染症、手術後の人(A、B1、C、E)
  • 筋肉運動の量が多い人(B1、B2、ナイアシン、E、C、β-カロテン)
  • 妊産婦、授乳婦、発育期の青少年(ビタミン類全般)
  • 抗生物質を使用している人(B2)
  • 経口避妊薬(ピル)を使用している人(B1、B6、B12、葉酸、C、E)
  • 厳格な菜食主義者(B12)
  • 日光の当たらないところにいることが多い人(D)
  • たばこを吸う人(A、C)
  • 睡眠が不足がちの人(B1、B6、B12)
  • よく日焼けをする人(C、E、β-カロテン)
ページトップへ戻る

希望の募金箱

Dr. Okochi Official English Site

Dr. Okochi Official WEB SITE

大感動を与える医療

見学受け入れサイト

バーチャルツアー Virtual Tour

Foreigners site(外国人サイト)

 

医師募集サイト

スタッフ募集サイト

スタッフ募集動画サイト

スタッフ募集チラシ

ドクターズ・ファイルジョブズ

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できる電子マネー

私達には大切にしたい会社があります

ホワイト企業大賞

ホワイト企業認定

ホワイト企業アワード

ASIA GOLDEN STAR MASTER AWARD 2023 企業賞 企業家賞 社会貢献賞

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2024年 春】
2024年 春

点滴療法研究会サイト

臨床循環腫瘍細胞検査CTC研究会

Research Genetic Cancer Center

人を大切にする経営学会

医経統合実践会対談

医経統合実践会対談
【Youtubeが開きます】

実践塾ご参加後の変化
【Youtubeが開きます】

コペルプラス