〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
WEB問診票 事前記入はこちら
よくあるお問い合わせ Q&Aはこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
お問い合わせ
メディア・講演依頼
Inquiry From Overseas
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

子宮頸がんワクチン シルガード9

HOME»  子宮頸がんワクチン シルガード9

子宮頸がん予防のために9価HPVワクチン(シルガード9)の接種をご検討下さい。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

一般内科・漢方治療
糖尿病・甲状腺・内分泌疾患治療
消化器疾患治療
感染症・呼吸器疾患治療
アレルギー疾患の治療・その他の治療
生活習慣病治療
泌尿器科疾患治療
外国旅行用・外国人問診票
健康診断・予防接種
男性のための治療
エイジングケア
がん補完治療
その他の自費治療

飲む高濃度ビタミンC

新規の薄毛治療薬

糖尿病と認知症
糖尿病とガン
老化物質AGEと糖尿病
腸内細菌と糖尿病
緩やかな糖質制限
糖尿病の最新治療
糖尿病教室のご案内
試食会のご案内
感染症の迅速検査
疾患別漢方薬の使い分け
スマホ・携帯サイト

Public Relations Office広報窓口お役立ち投稿記事

KENJA GLOBAL

スーパードクター

経営破綻寸前の病院が大感動を売ってみたら大人気になった件について

日本でいちばん大切にしたい会社8

書籍 12人の医院経営ケースファイル

書籍 臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学

書籍 クリニック人財育成18メソッド

Newyorktimes

Newsweek

スーパードクター出演

ナイツのHIT商品会議室出演

ビジネスビジョン

ビジネス共同参画TV

未来をつくるこどもクリニック

覚悟の瞬間

リーダーの流儀

Caloo

ドクターズファイル

ドクターズインタビュー

-->

創業手帳 軽井沢ラジオ大学 総合医療でがんに克つ Daikandou at TED TALK Next Era Leaders×Wall Street Journals Next Era Leader's Award KENJA GLOBAL スーパードクター 経営破綻寸前の病院が大感動を売ってみたら大人気になった件について 日本でいちばん大切にしたい会社8 書籍 12人の医院経営ケースファイル 書籍 臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学 書籍 クリニック人財育成18メソッド Newyorktimes Newsweek スーパードクター出演 ナイツのHIT商品会議室出演 ビジネスビジョン ビジネス共同参画TV 未来をつくるこどもクリニック 覚悟の瞬間 リーダーの流儀 Caloo ドクターズファイル ドクターズインタビュー

 

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼

Facebook
 
 
Twitter(クリニック)
Twitter(採用担当)
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

点滴療法研究会サイト

臨床循環腫瘍細胞検査CTC研究会

Research Genetic Cancer Center

人を大切にする経営学会

医経統合実践会対談

医経統合実践会対談
【Youtubeが開きます】

実践塾ご参加後の変化
【Youtubeが開きます】

コペルプラス

子宮頸がんワクチンの
9価HPVワクチン(シルガード9Ⓡ)について

費用

公費負担:稲沢市に住民登録がある小学校6年生~高校1年生に相当する女子
その他の方は、自費で1回25,000円(税込)
(本ワクチンは3回接種必要です。)稲沢市で最安値の価格帯です。但し、前払い予約制です。

ヒトパピローマウイルス感染症とは?

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するといわれている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。HPV感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年~高校1年相当の女子を対象に、定期接種が行われています。

子宮頸がんワクチンのご予約は

こちらからご予約下さい。

HPV感染によって引き起こされるガン

HPVは、「子宮頸がん」の原因となるウイルスであることはよく知られていますが、その他の癌(がん)やイボ(尖圭コンジローマ)の原因もなります。

女性器:子宮頸がん、外陰がん、膣がん
男性器:陰茎がん
共通:中咽頭がん、肛門がん

HPVは性交渉により誰もが感染する可能性のあるごくありふれたウィルスです。

HPVワクチンを接種することで、子宮頸がん罹患率を顕著に下げることができます。
女性はもちろん、男性もHPVに感染しますので、
男性にもHPVワクチン接種をお勧めしています。

HPVワクチンの効果は?

現状、HPVに感染した場合の治療薬はありません。そのため、ワクチン接種で予防することが有効です。

アメリカではHPV9価ワクチンが承認されて久しいですが、CDC(疾病対策予防センター)が発表した内容では、13歳から19歳の女子の子宮頸がんの発病例が83%も減少し、20歳から24歳でも66%減少したといいます。
また、10代-20代の女子の子宮頸がん検診では前癌病変の症例の減少、男女の性器・肛門の尖圭コンジローマもどの年代でも著しく減少していたと報告されています。

男性が接種するメリットは?

HPVワクチン接種は、陰茎がんや肛門がん等の予防にもなることから、欧米各国では男性の方の接種も推奨されています。

そのため、当院では男性の方も接種可能です(但し、自費で1回25,000円(税込)(本ワクチンは3回接種必要です)。ご自身とパートナーを守るために、男性の方にも積極的に接種して頂きたいと考えております。

男性のワクチン接種の目的は、主にこの2点です。
・男性本人のHPV感染による病気の予防(コンジローマ、陰茎などのがん)
・自分が感染源とならないことで、パートナーのHPV感染症のリスクを抑える
HPVワクチンを接種することは、ご自身とパートナーを守ることに繋がります。

HPVワクチンは、公費での接種が可能です

対象者は?

稲沢市に住民登録がある小学校6年生~高校1年生に相当する女子

定期接種期間を過ぎた方でも、26歳以下の方には、HPVワクチンの接種をお勧めします。

初回接種年齢によって、ワクチン接種回数が異なります

・小学校6年生の学年から、15歳の誕生日の前日まで(15歳未満)まで ⇒ 2回接種必要
・16歳以上 ⇒ 3回接種

ワクチンは3種類あり、年齢、ワクチンの種類により接種間隔や回数が異なります。また、同一のワクチンを使用する必要があります。
※令和5年4月からシルガード9が定期接種となりました。

どのワクチンを選んだらいいの?

現在、予防効果の高い9価の「シルガード9」が公費で接種できます。
「シルガード9」は、「ガーダシル」よりもHPV感染予防効果が高く、欧米では「シルガード9」の接種が標準になっています。
子宮頸がんワクチンの今までの接種歴がなく、特別な理由がない場合、「シルガード9」をお勧めしています。

HPVワクチン2価・4価・9価の違いは?

HPVワクチンには2価・4価・9価と3種類ありますが、これは予防できる型の数を表しています。
HPVには180種類以上の型があり、感染した型によって発病する可能性のある病気は異なります。

(1)2価ワクチン「サーバリックス」

→16型、18型の予防

(2)4価ワクチン「ガーダシル」

→6型、11型、16型、18型の予防

(3)9価ワクチン「シルガード9」

→6型、11型、16型、18型、31型、33型、45型、52型、58型の予防

尖圭コンジローマは、6型と11型のウィルスにより発症しますので、4価と9価のワクチンを接種すれば、予防効果が得られるという事です。
「サーバリックス」と「ガーダシル」は、6割程度しか予防できない事に対し、9価ワクチンの「シルガード9」は5種類の型が追加されたことによって、がんの原因の約9割予防できるといわれています。

サーバリックスを使用した場合(3回)

2回目:1回目接種から1か月後に1回
3回目:1回目接種から6か月後に1回
ただし、上記方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をおいて2回行った後、1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月半以上の間隔をおいて3回目を行う。

ガーダシル・シルガード9(15歳以上)を使用した場合(3回)

2回目:1回目接種から2か月後に1回
3回目:1回目接種から6か月後に1回
ただし、上記方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をおいて2回行った後、2回目の接種から3月以上の間隔をおいて3回目を行う。

シルガード9(15歳未満)を使用した場合(2回)

2回目:1回目接種から6か月後に1回

シルガード9は、3回接種を受けなくても十分な効果が期待できると報告されています

WHO(世界保健機関)の予防接種専門家戦略アドバイザリーグループ(SAGE)は、HPVワクチンは、2回のみの接種であっても3回の接種と同等の効果をもたらすと発表しました。
これを受けて、当院では2回のみの接種も推奨しています。

※シルガード9とサーバリックス及びガーダシルの交互接種は可能です。15歳未満の方は交互接種となる場合、3回接種となります。但し、サーバリックスとガーダシルの交互接種は認められていません。

キャッチアップ接種について

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差控えにより、接種機会を逃した方に対して公平な接種機会を確保する観点から、時限的に、定期接種の特例として、令和4年度より、定期接種の対象者を越えて接種が可能となります。

期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

対象者

平成9年度生まれから平成18年度生まれまでの女子
※キャッチアップ接種の期間中に定期接種の対象から新たに外れる世代についても順次対象
※平成19年度生まれの女子は令和6年度の1年間

HPVワクチンの費用払い戻しについて

積極的接種勧奨の差控えにより、定期接種の機会を逃した方が、自費で受けた接種費用を払い戻しします。

対象者

以下の1~4全てに該当する方

  • 令和4年4月1日時点で稲沢市に住民登録がある方
  • 平成9年4月2日~平成17年4月1日までに生まれた女性
  • 16歳となる日の属する年度(高校1年生相当年度)の末日までに、3回の接種が完了していない方
  • 17歳となる日の属する年度の4月1日~令和4年3月31日までに日本国内の医療機関でサーバリックスまたはガーダシルを自費で接種した方(シルガード9は対象外です)

申請期間

令和4年11月1日から令和7年3月31日まで

助成金額

接種費用の実費相当額または市が定める基準単価(上限額15,230円+税)
・自費で接種した回数(最大3回まで)
・交通費・文書料など除く

申請方法

提出書類を持参の上、保健センターまたは保健センター祖父江の窓口へご来所ください。

9価HPVワクチン(シルガード9Ⓡ)について

HPVワクチン接種は、全世界100カ国以上で定期接種ワクチンであり、世界の常識となっています。しかし、日本だけが、現在、積極的勧奨を差し控えている状態が続いています。海外では、既にHPVワクチンによって子宮頸がんの発生が90%近く減少した国もあります。子宮頸がん予防のために9価HPVワクチン(シルガード9Ⓡ)の接種をご検討下さい。

費用

公費負担:稲沢市に住民登録がある小学校6年生~高校1年生に相当する女子
その他の方は、自費で1回25,000円
(本ワクチンは3回接種必要です。)県下、最安値の価格帯です。但し、前払い予約制です。

予約

こちらからご予約下さい。

効能・効果

ヒトパピローマウイルス6、11、16、18、31、33、45、52及び58型の感染に起因する以下の疾患の予防です。

  • 子宮頸がん(扁平上皮細胞がん及び腺がん)及びその前駆病変(子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)1、2及び3並びに上皮内腺癌(AIS))
  •   
  • 外陰上皮内腫瘍(VIN)1、2及び3並びに腟上皮内腫瘍(VaIN)1、2及び3
  •   
  • 尖圭コンジローマ

効能・効果に関連する接種上の注意

  • HPV 6、11、16、18、31、33、45、52及び58型以外のHPV感染に起因する子宮頸癌又はその前駆病変等の予防効果は確認されていません。
  • 接種時に感染が成立しているHPVの排除及び既に生じているHPV関連の病変の進行予防効果は期待できません。
  • 本剤の接種は定期的な子宮頸癌検診の代わりとなるものではありません。本剤接種に加え、子宮頸癌検診の受診やHPVへの曝露、性感染症に対し注意することが重要です。
  • 本剤の予防効果の持続期間は確立していません。

用法・用量

9歳以上の女性に、1回0.5mLを合計3回、筋肉内に注射します。通常、2回目は初回接種の2ヵ月後、3回目は6ヵ月後に同様の用法で接種します。

<用法・用量に関連する接種上の注意>
1. 接種間隔

1年以内に3回の接種を終了することが望ましいです。なお、本剤の2回目及び3回目の接種が初回接種の2ヵ月後及び6ヵ月後にできない場合、2回目接種は初回接種から少なくとも1ヵ月以上、3回目接種は2回目接種から少なくとも3ヵ月以上間隔を置いて実施してください。
2. 同時接種
医師が必要と認めた場合には、他のワクチンと同時に接種することができます。

Q&A

妊婦、産婦、授乳婦等への接種は?
(1)妊娠している婦人には接種を避けることが望ましいです。予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種してください。〔妊娠中の接種に関する安全性は確立していません。
(2)本剤及び本剤に対する抗体がヒト乳汁中へ移行するかは不明です。授乳婦には予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種してください。
接種スケジュールがずれた場合(中断や遅れた場合)の対応は?
標準スケジュールは0、2、6ヵ月目です。
各回の接種間隔がのびた場合でも最初から接種をやり直す必要はなく、残りの回数を接種して下さい。
〔接種再開の際の対応〕
<初回接種後に中断されていた場合>

2回目の接種をできるだけ早急に行い、3回目接種は2回目接種から少なくとも3ヵ月以上間隔を置いて実施してください。
<2回目接種後に中断されていた場合>
3回目の接種をできるだけ早急に行ってください。
接種スケジュールが中断された場合、一連の接種をはじめからやり直す必要がない理由は?
免疫学的には、接種間隔が短い場合は持続的な反応が劣る可能性が指摘されていますが、接種間隔が長期になった場合には良好な反応が得られるとされているためです。
再接種の必要性は?
世界保健機関(World Health Organization:WHO)のPosition paperでは、再接種が必要かどうかは未だ明らかになっていないとされています。
HPVワクチンの安全性、有効性は継続してモニタリングされています。米国予防接種諮問委員会(Advisory Committee on Immunization Practices:ACIP)はその有効性が経時的に減衰するというデータはないとしています。
適応年齢に上限がない理由は?
本剤の予防効果は26歳までの女性を対象とした国際共同臨床試験の結果より評価されており、それ以上の年齢層に対する有効性を評価した臨床試験は行われておりませんが、既承認のガーダシル®の適応を外挿し、適応年齢に上限を設けていません。
27~45歳女性における免疫原性は評価されており、ガーダシル®同様に16~26歳女性より多少低かったものの、非劣性が示されています。
他のHPVワクチンを1~2回接種した後、シルガード9®で接種完了してもいいですか?
異なる種類のワクチンを交互接種した場合の有効性、安全性について十分なデータはないので、原則は同じワクチンで3回接種を完了してください。
既に病変がある人(検診で異常が見つかった人)への接種は可能ですか?
すでに病変がある人(尖圭コンジローマを含む)、検診で異常があった人にも接種を行うことは可能です。ただし、存在している病変を改善する効果はありません。
HPVワクチンに含まれる全ての型に感染している可能性は低いとされるため、感染していないHPV型による疾患予防にワクチン接種は十分意義があります。
産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2020では、「ワクチンは既感染者に対する治療効果はなく、子宮頸部病変を治癒させるものではないが、まだ感染していない型の将来の感染を予防することが期待できる点で接種する価値があるので、希望があれば接種してよい」としています。
なお、接種によって病変が悪化したり、がん化を促進したりすることはありません。
副反応が増強することもありません。
主な副反応
ワクチン接種後、注射した部位が痛むことがあります。通常は数日で痛みが治まります。
また、接種後にめまいやふらつき、失神などが起こることがあります。これは、血管迷走神経反射とよばれる現象で、しばらく安静にしていただくことで自然に回復します。
HPVワクチンの副反応については、厚生労働省のパンフレットもご確認ください。
安全のため、ワクチン接種後、15分ほど院内でご休憩して頂きます。
免疫原性、予防効果の持続期間は?
<免疫原性>
臨床試験では、少なくとも5年の抗体反応の持続性が確認されています。
<予防効果>
2つの臨床試験を延長しており、9~15歳女性(002試験:ベルギー, ブラジル, コロンビア, コスタリカ, ペルー, ポーランド, 南アフリカ, 韓国, スペイン, スウェーデン, 台湾, タイ, 米国)では3回接種後8.2年(中央値7.6年)、16~26歳女性(001試験:デンマーク、スウェーデン、ノルウェー)では3回接種後最長9.5年(中央値6.3年)までの予防効果が確認されています。
HPVは他人にうつりますか?
HPVは基本的に性行為(キスやオーラルセックス含め)で感染します。
タオルやお風呂をシェアしたくらいでは感染しませんのでご安心ください。
他のワクチン(コロナワクチン等)と同時期に接種できますか?
どちらかのワクチンを接種した後2週間の間隔を空ければ、もう一方のワクチンを接種しても大丈夫です(コロナワクチン以外のワクチンも同様)。
これは、万が一ワクチン接種に対する副反応が出た場合にその判断をするためとなりますので、別のワクチンと同時期に接種することが原因で副反応がでたり、ワクチンの効果が減少するといったことはありません。
予約
こちらからご予約下さい。
ページトップへ戻る

希望の募金箱

Dr. Okochi Official English Site

Dr. Okochi Official WEB SITE

大感動を与える医療

見学受け入れサイト

バーチャルツアー Virtual Tour

Foreigners site(外国人サイト)

 

医師募集サイト

スタッフ募集サイト

スタッフ募集動画サイト

スタッフ募集チラシ

ドクターズ・ファイルジョブズ

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できる電子マネー

私達には大切にしたい会社があります

ホワイト企業大賞

ホワイト企業認定

ホワイト企業アワード

ASIA GOLDEN STAR MASTER AWARD 2023 企業賞 企業家賞 社会貢献賞

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2024年 春】
2024年 春