〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
WEB問診票 事前記入はこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

片頭痛予防の月1回注射薬

HOME»  片頭痛予防の月1回注射薬

頭の片側を優位にズキズキとした拍動性の頭痛を特徴とする片頭痛。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

飲む高濃度ビタミンC

新規の薄毛治療薬

スマホ・携帯サイト

広報窓口お役立ち投稿記事Next Era Leaders×Wall Street JournalsTBSラジオ テンカイズαシゴト手帖KENJA GLOBALスーパードクター書籍 12人の医院経営ケースファイル書籍 臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学書籍 クリニック人財育成18メソッドNewyorktimesNewsweekスーパードクター出演ナイツのHIT商品会議室出演ビジネスビジョンビジネス共同参画TV未来をつくるこどもクリニック覚悟の瞬間私の道しるべリーダーの流儀Calooドクターズファイルドクターズインタビュー 医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼

Facebook
 
 
Twitter
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

片頭痛とは

片頭痛の新しい予防治療(月1回注射)を当院で開始しました!

片頭痛とは

片頭痛とは、若年に発症し、頭の片側を優位にズキズキとした拍動性の頭痛を特徴とします。
患者様によっては頭痛により日常生活に支障を来すことがあり、月に10回以上の頭痛発作がある場合は、薬物乱用頭痛を予防するためにも片頭痛の予防治療を行う必要があります。

薬物乱用頭痛とは

頭痛薬を飲む回数が増えて、そのことで頭痛の症状が悪化・慢性化してしまっている状態で、薬剤の使用過多による頭痛です。頭痛薬を常用していると脳が痛みに過敏になり、ちょっとした刺激で強い痛みを感じるようになります。結果的に頭痛が起こる回数が増えて痛みも強くなり、症状を悪化させます。薬剤によるものということを知らずにいると、頭痛薬を飲む頻度が増えてさらに頭痛が悪化して、薬の効果もさらに薄くなります。頭痛薬を毎月10回以上飲むという場合は、薬物乱用頭痛の可能性があります。

しかし、従来の予防薬治療(プロプラノロール塩酸塩、バルプロ酸ナトリウム、ロメリジン塩酸塩など)を行っても頭痛の改善が乏しいことがよくあります。一方、既存の予防薬では安定して効果が出るまでに2~3カ月はかかり、その間に副作用が出て脱落してしまうケースが少なくありません。既存の予防薬は血液脳関門(BBB)を通過するため、眠気やめまいといった中枢神経系の副作用が起こりやすいためです。また、バルプロ酸は催奇形性の懸念があり、妊婦や妊娠の可能性にある女性への投与は禁忌であり、片頭痛患者が多い若年女性への予防療法の選択肢は限られていました。

今回、月に1回の注射による治療で、片頭痛発作予防が期待できる治療薬が使用できるようになりました。

月1回のCGRP製剤とは?

カルシトニン遺伝子関連ペプチド(calcitonin gene-related peptide:CGRP)は、片頭痛発作時に三叉神経の末梢で認められる神経伝達物質で、疼痛を引き起こします。

CGRPの作用

CGRPを投与することにより、大部分の片頭痛患者さんに片頭痛発作が誘発されることが示されており、今回製造承認された薬剤(CGRP製剤)はこのCGRPの作用を阻害することにより片頭痛発作を抑制します。

CGRP製剤には3種類があります

1)抗CGRP抗体製剤

  • ガルカネズマブ(エムガルディⓇ)皮下注
  • フレマネズマブ(アジョビⓇ)皮下注

2)抗CGRP受容体抗体製剤

  • エレヌマブ(アイモビーグⓇ)皮下注

CGRPをターゲットとした治療薬の機序(Nat Rev Neurol. 2018;14:338-50.)

月1回のCGRP製剤とは?

月1回のCGRP製剤とは?

※尚、現時点でCGRP製剤を処方できる医師は、頭痛診療に5年以上の臨床経験を有する専門医(日本頭痛学会、日本神経学会、日本脳神経外科学会の各専門医、および日本内科学会の総合内科専門医)に限定されています。当院の院長は日本内科学会の総合内科専門医であり、処方資格があります。

CGRP製剤の効果は?

臨床試験のデータから、

  • 従来の予防薬の「発作回数の減少」、「発作時の痛み軽減」の両方兼ね備えた「いいとこどり」が期待できます。
  • 多くの例で使用開始翌月には効果が出ています。
  • 慢性片頭痛や他の予防薬の効果が不十分な例で、片頭痛の日数が半減しています。
  • 6カ月間の使用で片頭痛の日数が減った人の割合は
    ★・50%減:59% ・75%減:33% ・100%減:11%。
    ★片頭痛発作がゼロになった例が10%を超えているのは注目したいところです。

CGRP製剤の効果は?

CGRP製剤の副作用は?

副作用として、注射部位反応(紅斑、そう痒感、内出血、腫脹など)、注射部位疼痛が報告されています。
稀なケースとして、めまい、便秘、蕁麻疹、アナフィラキシー等が生じる可能性があります。

CGRP製剤の投与対象の患者様とは?

投与の要否の判断に当たっては、以下の1~4の全てを満たす患者様です。

  • 前兆のあるまたは前兆のない片頭痛の発作が月に複数回以上発現している、または慢性片頭痛であることが確認されている。
  • 本剤の投与開始前3カ月以上において、1カ月あたりのMHD(片頭痛または片頭痛の疑いが起こった日数)が平均4日以上である。
  • 睡眠、食生活の指導、適正体重の維持、ストレスマネジメントなどの非薬物療法および片頭痛発作の急性期治療等を既に実施している患者であり、それらの治療を適切に行っても日常生活に支障を来している。
  • 本邦で既承認の片頭痛発作の発症抑制薬(プロプラノロール塩酸塩、バルプロ酸ナトリウム、ロメリジン塩酸塩など)のいずれかが、下記(1)~(3)のうちの1つ以上の理由によって使用または継続できない。
    (1)効果が十分に得られない
    (2)忍容性が低い
    (3)禁忌、または副作用などの観点から安全性への強い懸念がある
ページトップへ戻る

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

私達には大切にしたい会社があります

ホワイト企業大賞

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2021年 夏】
2021年 夏

臨床循環腫瘍細胞検査CTC研究会

Research Genetic Cancer Center

人を大切にする経営学会

医経統合実践会対談

医経統合実践会対談
【Youtubeが開きます】

実践塾ご参加後の変化
【Youtubeが開きます】

コペルプラス