〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
WEB問診票 事前記入はこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

コロナウイルス抗体検査

HOME»  新型コロナウイルス抗体検査・ドライブスルー方式

無症状の方を対象に、新型コロナウィルスの抗体検査を完全予約制で開始しました。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

スマホ・携帯サイト

当医院 広報担当宛お役立ち投稿記事KENJA GLOBALスーパードクター書籍 12人の医院経営ケースファイルNewyorktimesNewsweekスーパードクター出演The New York Times with Womenビジネスビジョンビジネス共同参画TV未来をつくるこどもクリニック覚悟の瞬間私の道しるべQualitasリーダーの流儀Calooドクターズファイルドクターズインタビュー 医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼

Facebook
 
 
Twitter
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

当院では、無症状の方を対象に、新型コロナウイルスの抗体検査(IgM・IgG抗体)を完全予約制で開始しました!

新型コロナウィルス抗体検査を実施し、皆で安心安全な社会をもう一度取り戻しませんか?

新型コロナウィルス感染症の終息が当分の間、予想できない中、見えないものに怯え、ソーシャルディスタンスを測り、このまま不安を持ってお互いに社会生活を送っていくのがベストな方法なのでしょうか?


私はそうは思いません。見えないものを見えるようにする方法があるならば、多くの方が見える化することで安心安全な社会を取り戻すのがベストではないかと思います。

実際、国際線で勤務するCAさんが、症状だけではコロナウィルス未感染の証明が出来ないという事で、勤務を日本国内で止まられてしまったという事例がありました。そこで、当院で抗体検査を実施し、陰性を確認しその証明書を提示することで、すぐに、国際線の勤務再開が認められました。
また、最近では、プロスポーツ選手に抗体検査を義務付ける動きもあります。

このように、安心安全な社会を取り戻すためには、これからは、新型コロナウィルスに感染していないという証明が必須になると思います。是非、皆様、新型コロナウィルス抗体検査を実施して、安心安全な社会をもう一度取り戻しませんか?


 


※体温が37.5度以上、または新型コロナウイルス感染を疑う症状がある方は検査ができませんので予めご了承ください。

当院では、IgM抗体とIgG抗体と呼ばれる2種類の抗体を検査します。 

抗体検査とは、これまでに新型コロナウイルスに感染したことがあるのか、また新型コロナウイルスに抵抗力を持つ抗体が体内に作られているのかを調べる検査です。

この検査の費用は保険適用外(自費)で、10,000円(税込)です。

ご予約は、24時間受付可能なインターネット予約でお願い致します。

新型コロナウイルス抗体検査は、毎週土曜日13:00~15:00の間(最終予約時間は14:30)で完全予約制で実施致します。

※予約日は、オンライン予約サイトに入った日より1週間後以降の日程でしか予約指定出来ません。

予約をしてから当日までに発熱等の感染症状が出た方は検査を中止させて頂きます。

インターネットでの新型コロナウイルス抗体検査のご予約は、下記をクリックしてください。

※当院の新型コロナウイルス抗体検査の問診票(同意書)はこちらからダウンロードできます。問診票を事前に記入してから抗体検査にお越し下さい。

ドライブスルー方式の新型コロナウイルス抗体検査

当院では、新型コロナウイルス抗体検査をドライブスルー方式で行います。

当院での新型コロナウイルス抗体検査は、現在の感染者を対象としてはいないため、安全な検査ですが、通院患者様に安心して通院して頂けるように、検査は診療時間内には行いません。
また、検査は院内で行わず、ドライブスルー方式(自分の車に乗ったままで)検査を行います。

ドライブスルー検査実際の動画

Youtube動画(ドライブスルー検査実際の動画)
画像をクリックするとYoutubeが開きます

新型コロナウイルス抗体検査は次のような方にお勧め

  • これまで特に自覚症状がなく、ずっと健康だが、過去に新型コロナウイルス感染症にかかっていたか心配な方
  • 少し前に風邪をひいて健康な状態に戻ったものの、それが新型コロナウイルス感染症だったか心配な方
  • 通勤、または登園登校に際し、自らが免疫を持っている状態か予め確認したい方
  • 従業員を職場に復帰させるにあたり、社内での集団感染を未然に防ぎたい経営者・管理職やその従業員の方
  • 海外渡航時や帰国時に新型コロナウイルス抗体検査の陰性の証明書が欲しい方

※現在、発熱や咳の症状のある方には、抗体検査ではなく、PCR検査をお勧めしています。(但し、PCR検査は当院では行えません
現在の感染の有無を調べるには抗体検査では不十分です!

「PCR検査」、「抗原検査」と「抗体検査」の違いについて

新型コロナウイルスの検査には、「PCR検査」、「抗原検査」や「抗体検査」の3つの検査があります。何が違うのでしょうか?

「PCR検査」、「抗原検査」と「抗体検査」の違いについて

注:感度とは実際に疾患があるときに、正しく陽性が出る確率を示します。一方、特異度は実際に疾患がないときに、正しく陰性が出る確率を示します。

「PCR検査」は、新型コロナウイルスの遺伝子そのものを調べるのに対して、「抗原検査」はウイルスに特徴的な「抗原」と言われるたんぱく質を調べることで、PCR検査と同様、「今、感染しているかどうか」を診断できます。

一方、「抗体検査」は、この抗原が体に入ると免疫の働きで何日か経ってからできる「抗体」という物質を調べることで、「過去に感染したことがあるか」を判断するものです。IgM抗体は、新型コロナウイルスが侵入した後に、最初につくられる抗体で、発症から約1週間で抗体量が増え、1~2週間前後で陽性となります。つまり、発症後数日では反応しません。一方、IgG抗体は発症から3~4週間経過してから陽性となります。

「PCR検査」、「抗原検査」と「抗体検査」の違いについて

抗体検査を行う意義は?

発症から日数が経ってから行う抗体検査について、どんな意義があるのでしょうか?

新型コロナウイルス感染症は、発熱や咳などの典型的な症状が出ない方が過半数を占めています。

つまり、PCR検査による確定診断に至った感染者数よりも新型コロナウイルス感染症にかかった方は実際は多いのではないかと推測されています。実際、ニューヨークでは2020年4月末の時点において15%の方が抗体検査で陽性だったことが報道されています。これは発表されている感染者の数十倍の方が実際には新型コロナウイルスに感染していたことになります。

つまり、感染していても自覚症状がなく、かかったことに気づかない軽症の新型コロナウイルス感染者が多く存在することになります。

そのため、抗体検査を行う意義は、気がつかないうちに新型コロナウイルスにかかっていたかどうかを調べるための健康診断的な意義があります。

抗体検査の結果はどのように判定しているの?

  IgM(-)
(IgMが陰性)
IgM(+)
(IgMが陽性)
IgG(-)
(IgGが陰性)
①罹患なし ③発症初期・早期
IgG(+)
(IgGが陽性)
②過去に罹患 ④発症早期

①IgM(-) /IgG(-)
新型コロナウイルスに罹患したことがありません。(※しかし、発症から2週間以内だと偽陰性といって、本当は罹患しているにも関わらず陰性と出てしまうことがあります。)

②IgM(-) /IgG(+)
新型コロナウイルスに罹患済みです。症状が消失していれば治癒した可能性が高く、周囲に感染させるリスクも低いと言えます。

③IgM(+) /IgG(-)
新型コロナウイルス感染症に罹患している可能性が高く、発症早期です。しかし、IgM抗体陽性のみでは、発症早期の確定診断にはなりません。そのためPCR検査、抗原検査などの確定診断につなげる必要があります。

④IgM(+) /IgG(+)
新型コロナウイルス感染症に罹患しており、まだ発症早期(2週間以内)のため、周囲に感染させるリスクがあります。しかし、IgM抗体陽性/ IgG抗体陽性のみでは発症早期の確定診断にはなりません。そのためPCR検査、抗原検査などの確定診断につなげる必要があります。

※(-):陰性、(+):陽性

抗体検査はどのくらい正確なの?

抗体検査には各国から複数発売されています。

しかし、2020年3月末に日本に輸入された中国製の抗体検査キットは陽性率が不正確だと判断され、回収されてしまいました。

スイスの製薬会社ロシュ社は「新型コロナウイルスに感染した人への抗体検査で100%陽性が出た検査キットを開発した」と5月3日に発表したのですが、現時点ではクリニックでできるような検査キットとはいかず、専門的な検査機器が必要なキットでした。

当院では精度の高い抗体検査キットを使用しています

当院で使用する抗体検査キットは、Hangzhou Clongene Biotech社(中国)のClungene COVID-19 IgM/IgG Rapid Testを使用しています。こちらの陽性反応の検出確率(感度)は96.7%、陰性反応の検出確率(特異度)96.7%と高い精度を誇ります。

すでにアメリカ食品医薬品局(FDA)などから、薬事承認や製造承認を得たツールを使用しており、国際的な信頼性も獲得しています。
当院の抗体検査は、指先からの微量な血液で検査出来、わずか15分で陽性かどうか判定できます。

陽性反応の検出確率

抗体キット

左の写真は、抗体キットの実際の結果です。
(陰性反応を示しています)












加えて、現在は、富士フィルム社が販売代理店を担っているLeu Medical Technology(Beijing)社 SARS-CoV-2 Antibody Test、感度98.9%、特異度97.6%の正確性の高いキットも併用しています。

 

抗体検査後、簡易的な抗体検査結果の診断書を皆様にお渡し致します。

また、海外渡航時の新型コロナウイルス非感染証明書の発行にも対応しています。
英文証明書が別途必要な時は、追加料金3,000円で英文診断書を作成致します。
抗体検査時に、スタッフにお伝えください。

ページトップへ戻る

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

私達には大切にしたい会社があります

私達には大切にしたい会社があります

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2020年 夏】
2020年 夏

臨床循環腫瘍細胞検査CTC研究会

Research Genetic Cancer Center

人を大切にする経営学会

医経統合実践会対談

医経統合実践会対談
【Youtubeが開きます】

実践塾ご参加後の変化
【Youtubeが開きます】