〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
WEB問診票 事前記入はこちら
よくあるお問い合わせ Q&Aはこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
お問い合わせ
メディア・講演依頼
Inquiry From Overseas
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

腫瘍幹細胞(CTC)検査

HOME»  腫瘍幹細胞(CTC)検査

がんを再発させる循環腫瘍細胞(CTC)。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

一般内科・漢方治療
糖尿病・甲状腺・内分泌疾患治療
消化器疾患治療
感染症・呼吸器疾患治療
アレルギー疾患の治療・その他の治療
生活習慣病治療
泌尿器科疾患治療
外国旅行用・外国人問診票
健康診断・予防接種
男性のための治療
エイジングケア
がん補完治療
その他の自費治療

飲む高濃度ビタミンC

新規の薄毛治療薬

糖尿病と認知症
糖尿病とガン
老化物質AGEと糖尿病
腸内細菌と糖尿病
緩やかな糖質制限
糖尿病の最新治療
糖尿病教室のご案内
試食会のご案内
感染症の迅速検査
疾患別漢方薬の使い分け
スマホ・携帯サイト

Public Relations Office広報窓口お役立ち投稿記事

KENJA GLOBAL

スーパードクター

経営破綻寸前の病院が大感動を売ってみたら大人気になった件について

日本でいちばん大切にしたい会社8

書籍 12人の医院経営ケースファイル

書籍 臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学

書籍 クリニック人財育成18メソッド

Newyorktimes

Newsweek

スーパードクター出演

ナイツのHIT商品会議室出演

ビジネスビジョン

ビジネス共同参画TV

未来をつくるこどもクリニック

覚悟の瞬間

リーダーの流儀

Caloo

ドクターズファイル

ドクターズインタビュー

-->

創業手帳 軽井沢ラジオ大学 総合医療でがんに克つ Daikandou at TED TALK Next Era Leaders×Wall Street Journals Next Era Leader's Award KENJA GLOBAL スーパードクター 経営破綻寸前の病院が大感動を売ってみたら大人気になった件について 日本でいちばん大切にしたい会社8 書籍 12人の医院経営ケースファイル 書籍 臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学 書籍 クリニック人財育成18メソッド Newyorktimes Newsweek スーパードクター出演 ナイツのHIT商品会議室出演 ビジネスビジョン ビジネス共同参画TV 未来をつくるこどもクリニック 覚悟の瞬間 リーダーの流儀 Caloo ドクターズファイル ドクターズインタビュー

 

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼

Facebook
 
 
Twitter(クリニック)
Twitter(採用担当)
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

点滴療法研究会サイト

臨床循環腫瘍細胞検査CTC研究会

Research Genetic Cancer Center

人を大切にする経営学会

医経統合実践会対談

医経統合実践会対談
【Youtubeが開きます】

実践塾ご参加後の変化
【Youtubeが開きます】

コペルプラス

■新規がん治療中止のお知らせ NEW!

新規にご希望されるがん治療(6種複合免疫療法、腫瘍幹細胞(CTC)検査、丸山ワクチン)については治療を中止させて頂いております。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解の程、宜しくお願い申しあげます。

循環腫瘍幹細胞治療ってどんな治療?その効果とは?

クリックすると拡大します。

進行がんに対する新しい検査・治療!!

進行がんに対する新しい検査・治療!!
循環腫瘍細胞検査(CTC)、アポトーシス・アンチセンス治療(SOT)とは?

がんが転移する前に、血液中のがん細胞を治療する
早期のがんや手術で腫瘍を取り除いた場合でも、多くの例で血液中にがん細胞が流れています。これを循環腫瘍細胞CTCと呼びます。CTCが転移をおこす悪性度の高いがん細胞です。CTCを標的に治療しましょう。

院長

当クリニックでは
血液中のCTC(循環腫瘍細胞)の
数や特性を調べることにより、
個人個人のがんに合わせたがん治療
を提供します

どんな患者様におすすめの検査ですか?

  • がん手術後の経過観察中で、画像診断で転移を認めない早期の段階で、再発と転移の可能性があるかを確認したい
  • 現在がん治療中であるが、自分のがんに効果が期待される抗がん剤、分子標的薬、天然成分やサプリメントを幅広く知りたい
  • 家族にがんが多く、スクリーニングとしてがんになる可能性を知りたい

血液内を循環するがん細胞「CTC」

CTCは初期のがん部位から遊離したもので、血流に栄養や酸素を求めて血管内へ浸潤し、血液中を循環します。これが他の器官に移動し、そこで成長し始めると転移になります。なので転移のリスク管理としてCTCのモニタリングはとても重要です。

血液内を循環するがん細胞「CTC」

検査の特徴

  • 血液を 約20cc取るだけで検査可能です。
  • 画像診断でがんの存在を認めない早期の段階で、がんの再発・転移の可能性を知る事ができます。
  • 自分のがんに効果の期待できる抗がん剤、分子標的薬、天然成分やサプリメントを知る事ができます。

それぞれ個々のがんの性質を把握することが大切です

それぞれ個々のがんの性質を把握することが大切です

がんの特徴は「無限増殖」「不死」
それぞれ個々のがんの性質を把握することが大切です

がんは性質により抗がん剤の効果や副作用など異なりますので、がんの原因である遺伝子解析が大事になります。CTC検査では、がんの原因となっている遺伝子を検査し、がん治療に役立てます。増殖に対しては転移、血管新生、増殖シグナル経路などの因子を、不死に対しては自滅(アポトーシス)シグナルにかかわる因子を分析します。

ほとんどのがん患者さまが、転移浸潤・血管新生・増殖シグナル・自滅シグナルなどの部分で、多くの障害を受けています。抗がん剤や分子標的薬があまり効かず、増殖を止められず、自滅できないなどの問題を、検査結果から読み解きます。

“がんが無い”ではなく、CTCゼロを目指そう

“がんが無い”ではなく、CTCゼロを目指そう

「腫瘍が無いのか⁉」それとも「がんが無いのか⁉」この違い分かりますか?

腫瘍が無いとは、US, X-RAY, CT, MRI, PET/CT, マンモグラフィー、画像検査で活動中の腫瘍が見出されず、全ての血液抗原マーカーが陰性(WNL)であることを言います。外科手術後の腫瘍を除去した後の状態は根治であり、腫瘍は存在しておらずこの様な状態を、ほとんどの場合“がんが無い”と言われます。それでは、これですべて終了でしょうか?
これは欧米で昨今言われている「キャンサーフリー!がんが無い」とは言えません。

その理由は転移の根源ともなる血中を循環するCTC細胞が他の部位に着床し、結果として再発・転移を繰り返す可能性があるからです。
当院ではこの新しい再発・転移の根源から取り除く治療を推奨致します。

検査・治療の流れ

検査・治療の流れ

検査・治療の流れ

Step1. オンコトレース検査
(CTC細胞の有無判定)
Step2. CTC細胞が検出された場合、固有のがんに対する感受性を判定するオンコノミクスプラス検査に移行
※がん治療中の患者様は、オンコノミクスプラス検査から始めます。
Step3. 検査結果の感受性に応じて治療選択
Step4. フォローアップ検査
検査・治療の流れ

検査に要する期間

約3~4週間

費用

① オンコノミクスプラス検査:495,000円(税込み)
② オンコカウント検査:210,000円(税込み)
③ オンコトレース検査:255,000円(税込み)
④ SOT アポトーシス・アンチセンス治療:495,000円(税込み)
⑤ 相談診察料:5,000円(税込み)
保険適応はありませんので、全て自由診療になります。

循環腫瘍細胞検査(CTC)としての初回検査は①です。
2回目以降は、②か③のどちらかがお勧めです。


まず、循環腫瘍細胞検査(CTC)をしますのでその検査費用と、そこから作り出す治療薬である『SOT アポトーシス・アンチセンス』の2つの費用が必要です。
一般には、オンコノミクスプラス検査(①)とSOTアポトーシス・アンチセンス治療(④)の値段を合わせた価格になります。
勿論、オンコノミクスプラス検査(①)のみ行うことも可能です。

ご相談されたい方は、
下記のガン治療お問い合わせボタンからお申し込みをお願いします。

検査の種類

オンコノミクスプラス検査

オンコノミクスプラス検査

循環腫瘍細胞(CTC)細胞の分離と同定、がん遺伝子発現を調べる検査です。個人個人のCTCを培養し、約50種の抗がん剤、約65種の分子標的薬/小分子薬、約50種の天然成分、温熱療法などの感受性を検査します。ご自身でお使いの天然成分も検査可能です。

オンコトレース検査

オンコトレース検査

循環腫瘍細胞(CTC)細胞の数とマーカーの発現を調べます。予防、早期発見としてのスクリーニング検査として使用するほか、転移と再発のリスク管理としてのフォローアップ検査として使用します。

オンコカウント検査

オンコカウント検査

治療後のCTCの血算・施術のフォローとなります。循環腫瘍細胞の存在の有無と、その濃度についてのみ情報を提供しています。 再発を早期に検出し、治療が効果を出しているか検査しフォローアップの為に用います。

検査の詳しい情報は、下記の臨床CTC研究会ウェブサイトからご覧いただけます

検査会社:R.G.C.C.インターナショナル社とは R.G.C.C.

検査会社:R.G.C.C.インターナショナル社とは

分子生物学と細胞生物学の革新的な技術を導入した、がん幹細胞と循環腫瘍細胞の分析におけるリーディングカンパニーです。医療遺伝子学と特殊がん遺伝子学を専門とする世界的検査ラボであり、世界規模のサービスを提供しています。イオアニス・パパソティリオウ医師が創始者であり代表です。
このような事業のもとに生み出される大量の情報とデータは、新薬開発の標的を識別するために、そして臨床において新しい次元の分析、病体の危険度、そしてがんの病体のデータベースとして蓄積されています。

RGCC社の検査は欧州ラボの検査基準である ISO 17025 認定証書番号 860 を以て 欧州政府により検査の精度が認定されています。

R.G.C.C.動画
画像をクリックするとYoutubeが開きます

ご相談されたい方は、
下記のガン治療お問い合わせボタンからお申し込みをお願いします。

治療用点滴製剤

アンチセンス治療(SOT)

アンチセンス治療(SOT)

遺伝子の異常な発現を消去する治療で、発現させたくない蛋白を作る遺伝子(標的遺伝子)のメッセンジャーRNAと反対の配列を有する1本鎖のSOTを作り、それらを結合させ蛋白の産生を阻害するものです。

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴

高用量のビタミンCを点滴する治療です。血液中のビタミンCの濃度が高くなると、過酸化水素が発生し、がん細胞の中でエネルギー代謝を障害し、がん細胞をアポトーシスへ導きます。
(画像をクリックすると詳細ページにジャンプします。)

アンチセンス治療(SOT)の実際

アンチセンス治療(SOT)とは、RNA サイレンシング(静止化)を行うSOT(Supportive Oligonucleotide Technique)と呼ばれる治療法(アポトーシス・アンチセンス治療)のことです。

正常細胞の遺伝子に対しては変異がないため作用しません。

CTC結果に基づいて、がん幹細胞で過剰発現しているがん増殖遺伝子で、かつ変異がある部分に対して、アンチセンスを作成し、点滴投与します(オーダーメイド医療)。

癌細胞に過剰発現した遺伝子が沈静化され、癌細胞に選択的にアポトーシスが起きます。術後断端陽性の場合や、取り残しのある場合、再発転移の多いがんで有効です。4期のがんの場合有効性は下がります。

申し込みからSOT製剤の作成までの期間:3週間前後(CTC検査と同時の場合、申し込みから6週間前後)

点滴治療時間:2~3時間
治療間隔:一般的には6ヶ月に1回点滴注射しますが、年3回まで行なうことができます。がん以外でも遺伝子の中に組み込まれたウイルス遺伝子に対して作成することも可能です。

副作用について:現在ヨーロッパを中心に治療されていますが、重大な副作用はありません。頭痛や発疹などの軽度の副作用を防ぐために、点滴前に短時間作用型のステロイドと胃薬を投与します。

選択的遺伝子沈静化

ご相談されたい方は、
下記のガン治療お問い合わせボタンからお申し込みをお願いします。

治療用サプリメント

ケルセチン

ケルセチン

ケルセチンは野菜や果物に最も広く存在するフラボノイドであり、タマネギの黄色色素としてよく知られています。

アルテシン

アルテシン

西洋ヨモギからなり抗マラリア薬として長く使用され、安全性も充分に検証され、この10年は、海外で制がん作用のある薬剤として用いられてきた実績があります。

CoQ10

CoQ10

CoQ10は、細胞が適切に機能するために必要な抗酸化物質です。私たちがエネルギーを作り出すのに必須の物質です。

クルクミン

クルクミン

クルクミンは、香辛料であるターメリックの黄色の色素です。クルクミンを豊富に摂っている集団で大腸がんの率が著しく減少することを示した研究結果に基づき、クルクミン癌予防効果についての研究が行われています。 人での臨床試験は5年前に始められ、国立癌研究所は1988年より抗ガン剤としてクルクミンを開発しています。

ゲニステイン

ゲニステイン

主に大豆の胚芽部分に多く含まれている大豆イソフラボンの一種です。ゲニステイン及びその他のイソフラボンは、新しい血管の形成を阻害する作用を有することが発見されています。

バスクスタチン

バスクスタチン

血管新生や免疫システムのサポートなどに働く、プロテオグリカン混合物(PGM)を含有する、セイヨウヒルガオのサプリメントです。

レスベラトロール

レスベラトロール

主にぶどうの皮や赤ワイン、チョコレートやココア、アーモンドなどに含まれるポリフェノールの一種で、植物が自身を守るために作り出した強い抗酸化作用を持つ防御成分です。

インドール3カルビノール

インドール3カルビノール

インドール-3-カルビノールは、キャベツ、カリフラワー、芽キャベツなどのアブラナ科の野菜で産生される、新規の植物二次代謝物です。動物や細胞を用いた非臨床試験でこれらの物質ががん抑制に役立つ可能性のあることが示されています。

リコペン

リコペン

リコペンはトマトやピンクグレープフルーツなどに多く含まれる。赤い色の色素成分です。トマトを多く摂取する地域では、前立腺ガンや肺ガンが少ないことが報告され、注目されています。

※掲載の治療用の製剤、サプリメントは一例になります。

ご相談されたい方は、
下記のガン治療お問い合わせボタンからお申し込みをお願いします。

関連ウェブサイト

● 臨床循環腫瘍細胞検査CTC研究会
https://ctcjapan.jp/c-info/

● Research Genetic Cancer Center
https://www.rgcc-group.com/

● 株式会社デトックス
http://detox.jp/
http://www.kansaibokensa.jp/edt/index.html

ページトップへ戻る

希望の募金箱

Dr. Okochi Official English Site

Dr. Okochi Official WEB SITE

大感動を与える医療

見学受け入れサイト

バーチャルツアー Virtual Tour

Foreigners site(外国人サイト)

 

医師募集サイト

スタッフ募集サイト

スタッフ募集動画サイト

スタッフ募集チラシ

ドクターズ・ファイルジョブズ

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できる電子マネー

私達には大切にしたい会社があります

ホワイト企業大賞

ホワイト企業認定

ホワイト企業アワード

ASIA GOLDEN STAR MASTER AWARD 2023 企業賞 企業家賞 社会貢献賞

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2024年 春】
2024年 春