〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
WEB問診票 事前記入はこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

下剤を飲まない大腸カメラ

HOME»  下剤を飲まない大腸カメラ

下剤を飲まなくても大腸カメラができる方法があります。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

スマホ・携帯サイト

当医院 広報担当宛KENJA GLOBALスーパードクター書籍 12人の医院経営ケースファイルNewyorktimesNewsweekスーパードクター出演The New York Times with Womenビジネスビジョンビジネス共同参画TV未来をつくるこどもクリニック覚悟の瞬間私の道しるべQualitasリーダーの流儀Calooドクターズファイルドクターズインタビュー 医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼

Facebook
 
 
Twitter
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

大腸カメラを受けるときの、
大量の下剤を飲むことが辛い!
下剤を飲まなくても
大腸カメラができる方法があります。

大腸カメラのための下剤を飲むのがつらい方へ

この度、当院では「下剤を飲まない大腸カメラ」を導入しました。

通常 大腸カメラを受ける場合は、腸の中に溜まった大量の便を全部外に出す必要があります(便が残っていると観察しづらく、大腸ポリープやガンなどの内視鏡治療も困難になります。)そのため、検査の前に、1~2Lの大量の液体の下剤を飲む必要があります。実は、これが結構大変です。中には本番の検査よりもこっちの下剤を飲む方がつらいという人もいます。また、下剤を全部飲めない方や、下剤を飲んだが吐いてしまったとういう方もあります。

一方、下剤を飲まなくてよいのであれば、毎年大腸カメラを受けられるのにと言われる患者様も多くいます。そこで当院では、検査前の下剤が飲めない方のために、下剤を飲まない大腸カメラを新たに導入しました。

胃内視鏡的洗腸液注入法と呼ばれるもので、内視鏡を使って直接下剤(腸管洗浄液)を十二指腸に送り込む方法です。胃カメラを行い、胃カメラ終了後、胃カメラを通して下剤を十二指腸に直接入れるので、まずい下剤を口から飲むことなく、腸に届けることができます。

下剤を飲まない大腸カメラ

(大腸カメラ前に胃カメラの検査が必須になります。検査の適応にはいくつか条件がありますので、医師とご相談ください。)現在は、60歳未満で便秘のない方に限定して施行しております。

下剤を飲まない大腸カメラ検査の流れ

8:00

大腸カメラ前の食事制限をした状態でクリニックへ来院してください。
検査準備室で着替えて頂き、検査の準備ができましたら、まずは胃カメラを受けていただきます。
当院では極細の鼻からの胃カメラを採用しており、苦痛が少ない胃カメラ検査が可能です。
胃カメラ観察後に、そのまま内視鏡をつかって下剤を直接十二指腸に注入します。
そして、胃カメラ終了後、大腸カメラの準備ができるまで検査準備室でおくつろぎ頂きます。

9:00頃

下剤注入後30~60分程度で排便が開始されますので、便を出し切るまで何度もトイレに行く必要があります。
2~3時間程度で便が全て外に排泄され、腸が空っぽになりますので、大腸カメラが施行出来る状態になります。

12:30~13:00頃

大腸カメラの検査の準備ができましたら、内視鏡室に移動します。
大腸カメラを施行し、大腸ポリープやガンが見つかれば、出来る限りその場で内視鏡的に切除します。
つまり、大腸カメラ+内視鏡的ポリープ切除を同日に施行します。
但し、ポリープが極端に大きい場合やガンで進行している場合は、病理検査のみ施行します。
そして、1週間後の病理結果を確認後、手術治療が出来る総合病院に紹介します。

14:00前後

お車や徒歩で帰宅できます。

下剤を飲まない大腸カメラのメリット

  • 大量の下剤を口から飲まなくて済む
  • 下剤を口から飲んだ場合よりも洗腸時間が早く、排便回数が少なく、肛門への負担が軽減されます
  • 胃カメラと大腸カメラが1日で出来ますので、仕事が忙しい方にも向いています

下剤を飲まない大腸カメラのデメリット

  • 1日で胃カメラ検査と大腸内視鏡検査の両方を必ず受ける必要がある
  • コストとして両検査の費用が必要になる
  • 胃カメラで胃をしっかり観察した後に、下剤を注入するので、胃カメラの時間が通常より長くなる

健康診断で便潜血陽性の方、大腸ポリープを指摘されたことがある方など、「下剤を飲まない大腸カメラ」をご希望の方は、診察時に「下剤を飲まない大腸カメラを希望」とお伝えください。

Q&A

下剤を飲まずに大腸内視鏡ができるのはなぜですか?
元々、胃カメラを含むすべての内視鏡装置には、水を通すルートが内蔵されています。このルートに水を流すことで胃の中の汚れている部位を洗浄することができます。胃内視鏡的洗腸液注入法とは、この水を通すルートに、本来患者さんに飲んでいただく下剤(洗腸液)を流すことで、つらい下剤を飲むことを回避する方法です。
大腸内視鏡で使用される下剤は、全量で最低1L必要です。これを胃の中に注入すると、胃は一杯に膨れて嘔吐してしまいます。そのため、胃カメラで注入する下剤は胃の奥にある、十二指腸で注入します。十二指腸に注入すると、一気に下剤は腸の中を下っていきます。その洗浄効果は目を見張るものがあります。実際、下剤注入法で腸内を洗浄した後に大腸カメラを行うと、大腸の中がつるつるにきれいになっています。

当院では、「下剤を飲まない大腸カメラ」以外に、通常の大腸カメラ検査においても下記の如く、患者様の苦痛改善やプライバシー保護のために様々な工夫をしています。

下記は、通常の大腸カメラ検査の当院の工夫についての説明です。「下剤を飲まない大腸カメラ」検査を希望される患者様は、読む必要はありません。

大腸カメラ検査の当院の工夫:1

通常の口から下剤を服用する大腸カメラの方法でも、下剤(洗腸液)を各種取り揃えています。下記の5種類から、好みの下剤を1種類お選び頂けます。

下剤(洗腸液)の種類(当院のラインナップ)

① モビプレップ
② ニフレック
③ マグコロールP
④ ビジクリア
⑤ ピコプレップ

各種下剤(洗腸液)の特徴

① モビプレップ(液剤)※当院で最も使用されている下剤です。

モビプレップ(液剤)

モビプレップはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

  • 本剤を選べない場合:腎臓に疾患をお持ちの方
  • 飲み方:パックに水を入れて2000mlにし、1000mlを1時間かけて飲みます。
    飲み方の目安はコップ1杯(約180mL)を10分かけて飲みます。
    飲んだお薬の半分量の水分を取ります。
  • この製剤のメリット:薬剤の服用量が少なく済みます。
  • この製剤のデメリット:薬剤の半分量の水、又はお茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶(糖分の入っていない物)を服用します。

② ニフレック(液剤)

ニフレック(液剤)

ニフレックはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

  • 飲み方:パックに水を入れて2000mlにし、2時間かけて飲みます。
    飲み方の目安はコップ1杯(約180mL)を10分かけて飲みます。
    最初の2~3杯は15分以上かけてゆっくり飲みます。
  • この製剤のメリット:服用方法が簡単です。腸管内の残渣が少なく、正確な検査が期待できます。
  • この製剤のデメリット:レモン風味の特有の味があり、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。

③ マグコロールP(液剤)

マグコロールP(液剤)

マグコロールPはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

  • 本剤を選べない場合:腎臓に疾患をお持ちの方
  • 飲み方:パックに水を入れて1800mlにし、約1時間30分かけて飲みます。
    飲み方の目安はコップ1杯(約200ml)を10分かけて飲みます。
  • この製剤のメリット:服用方法が簡単です。スポーツ飲料のような味がします。
  • この製剤のデメリット:甘みがありますので、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。

④ ビジクリア(錠剤)

ビジクリア(錠剤)

ビジクリアはお薬(錠剤)を水分と一緒に飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

  • 本剤を選べない場合:心臓に疾患をお持ちの方
    腎臓に疾患をお持ちの方
    年齢が65歳以上の方
    高血圧の治療を受けている方
  • 飲み方:2000mLの水分と、錠剤50錠を2時間30分の速さで飲みます。
    飲み方は錠剤5錠をコップ1杯の水分(約200mL)で15分かけて飲みます。これを10回繰り返します。
  • この製剤のメリット:錠剤を飲む時は水、お茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶(糖分の入っていない物)でお飲み頂けます。
  • この製剤のデメリット:錠剤が大きく個人によっては飲みにくいと感じることがあります。

⑤ ピコプレップ(液剤)

ピコプレップ(液剤)

ピコプレップはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

  • 本剤を選べない場合:腎臓に疾患をお持ちの方
  • 飲み方:水に溶かしたお薬150mlを前日の夜と当日の2回飲みます。
    前日はお薬の後、透明な飲み物1250ml以上を2~3時間ほどで飲みます。
    当日はお薬の後、透明な飲み物750ml以上を1~2時間ほどで飲みます。
  • この製剤のメリット:薬液はオレンジ風味で量が少なく(150ml×2回)、薬液後の透明な飲み物は、患者さまがお好きな物をお飲みいただけます。
  • この製剤のデメリット:前日の夜と検査当日の2回の服用が必要になる事。

大腸カメラ検査の当院の工夫:2

院内、もしくは、自宅で下剤服用のどちらでも患者様にお選び頂けます。

下剤の院内服用、自宅服用のメリット・デメリットをそれぞれまとめました。

下剤の院内服用、自宅服用のメリット・デメリット

加えて、自宅で下剤を飲んで頂く場合には、自宅から当院までの距離(来院所要時間)を考慮する必要があります。

簡単に言うと、途中でトイレに行きたくなっても困らない程度の所要時間の方にご提案をしています。

ご年齢やもともとの体質・体調などによって個人差はありますので、予約の際にご相談頂ければと思います。

ページトップへ戻る

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

私達には大切にしたい会社があります

私達には大切にしたい会社があります

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2020年 春】
2020年 春

臨床循環腫瘍細胞検査CTC研究会

Research Genetic Cancer Center

人を大切にする経営学会

医経統合実践会対談

医経統合実践会対談
【Youtubeが開きます】

実践塾ご参加後の変化
【Youtubeが開きます】