〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

低血圧症

HOME»  低血圧症

膀胱粘膜に付着、繁殖して起こる急性膀胱炎。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

スマホ・携帯サイト
当医院 広報担当宛書籍 12人の医院経営ケースファイルNewyorktimesNewsweekスーパードクター出演The New York Times with Womenビジネスビジョンビジネス共同参画TV未来をつくるこどもクリニック覚悟の瞬間私の道しるべQualitasCalooドクターズファイルドクターズインタビュー 医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼
Facebook
 
 
Twitter
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

低血圧症

低血圧とは、収縮期血圧(最大血圧)100(mmHg)以下、拡張期血圧(最低血圧)60(mmHg)以下の事を言います。

高血圧と違い、症状がなければ治療をしなくても良いというのが一般的な考えです。
そのため低血圧はあまり臨床的には注目はされていません。

低血圧に伴う症状には、以下のものがあります。

低血圧症
  • 立ちくらみ、めまい。ひどくなると失神する。
  • 立っていると気持ちが悪くなる。動悸や息切れが起こる。
  • 入浴後に体調不良になりやすい。
  • 朝起きるのが苦手である。
  • 全身倦怠感がある。
  • 顔色が悪い、青白い。貧血がある。
  • 食欲不振や胃もたれ、腹痛が起こりやすい。食後に体調が悪くなりやすい。
  • 頭痛、首こり、肩こりがある。臥位の場合は出にくい。
  • 精神的ストレスで体調不良になりやすい。
  • 気象変化に弱い。乗り物酔いをしやすい。

低血圧に伴う症状

低血圧には、急性低血圧と慢性低血圧があります。
急性低血圧には、アレルギー(アナフィラキシーショックなどで急激に血圧が低下します)、ショック症候群(外傷による血管外への出血、心筋梗塞などの心機能低下など)、アルコール(空腹でアルコールを飲んで急速に吸収されて血管拡張による血圧低下)によるものなどがあります。
急性低血圧の方は、それぞれの原因に対しての適切な治療が必要となります。

慢性低血圧には、体質性低血圧と症状を伴う、起立性低血圧、本態性低気圧、症候性低気圧などがあります。

起立性調節障害は厳密には起立性低血圧とは違いますが、よく似ています。

体質性低血圧

常に低血圧ですが、症状が全くないため問題ありません。

本態性低血圧

明らかな原因がなく慢性的に低血圧な場合です。症状がない場合は、体質性低血圧となっていると考えて良いでしょう。

症候性低血圧

貧血、糖尿病や悪性腫瘍、甲状腺機能低下症、パーキンソン病などの神経難病、その他様々な疾患が原因となっています。

起立性低血圧

臥位では収縮期血圧が100mmHg以上あるが、立位になると80mmHg以下にも下降する状態です。収縮期血圧が21mmHg以上下がる場合となります。起立性低血圧が起る理由には、自律神経が関係しています。起立性低血圧は、寝ていてから起きるとき、特に早朝時に起きやすいです。これは、寝ているときは副交感神経が優位なためです。起き始めには、まだ活動モードの交感神経にうまくスイッチが入っていないと考えるとわかりやすいでしょう。

高齢の方では、動脈硬化が強い事が原因となりやすく、直後型の低血圧となることが多いです。

思春期や成長期の方では、成長発達段階(自律神経もまだ発達途中)のため起きやすくなります。

思春期や成長期では、起立性調節障害と診断されることが多く、治療としては同じような薬を使用します。

低血圧の治療法は?

正常な血圧を保つには、常に日常生活の自己管理が大切です。
症状がつらいと、不安になりがちですが、上手く気分転換を心がけて、あせらず改善していきたいものです。

1)非薬物療法(日常生活上の工夫)

●ゆっくり立ち上がる
急に起き上がるとめまいや立ちくらみをすることがあります(起立性低血圧)。めまいがした時は、倒れて思わぬケガをすることもあるので、すぐに座るなど低い姿勢をとるように気をつけましょう。

●夏場の注意
暑い時は、血管が広がり、汗をかいて脱水になりやすいため、めまいや立ちくらみがします。十分に水分を摂るようにしましょう。

●アルコール
お酒を飲むと血圧があがると思いがちですが、飲酒時は血管が拡張しているので、血圧自体は低下しています。低血圧の人は、さらに血圧が下がってしまいますので、注意しましょう。

●家庭でも血圧を測定しましょう
医療施設で血圧を測ると、ふだん低血圧であっても緊張して血圧が上がり(白衣現象)、正しく診断されないことがありますので、家庭内でも血圧測定をすることが大事になります。

●早寝早起き
夜更かしは、低血圧の症状を悪化させます。睡眠を十分に取り、朝食を必ず食べるようにしましょう。

●食事と栄養
良質の蛋白質、野菜、海藻、豆製品を摂るようにしましょう。偏食をなくし、栄養バランスにも気をつけることが大切です。

●適度な運動
血液の循環をよくするために適度な運動をしましょう。特に散歩や水中ウオーキングなどは下半身が鍛えられ、血流もよくなります。運動の際には十分に水分を摂るようにしましょう。また、運動を急にやめると起立性低血圧になることもあるので、徐々に力を抜いて終わるようにしましょう。

●入浴
低血圧の人は、ちょっと熱めの湯に、肩までつかって入りましょう。寝起きのシャワーは、血流をよくします。

2)薬物療法

上記のような生活指導で改善が見られないときには、薬物療法を併用します。
軽い昇圧薬・血管収縮薬(メトリジン:ミドドリン、リズミック:アメジニウム)などを内服することにより症状が改善されることも少なくありません。
近くの内科または循環器科の先生にご相談ください。

ページトップへ戻る

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2019年 冬】
2019年 冬