〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

尿道炎

HOME»  尿道炎

細菌の数や体の抵抗力が落ちていると炎症をひきおこす尿道炎。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

スマホ・携帯サイト
当医院 広報担当宛書籍 12人の医院経営ケースファイルNewyorktimesNewsweekスーパードクター出演ビジネスビジョン覚悟の瞬間私の道しるべCalooドクターズインタビュー 医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼
Facebook
 
 
Twitter
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

尿道炎

尿道口付近には、細菌などの雑菌が侵入しても自浄作用がありますので、炎症をおこすことはありません。
しかし、細菌の数が多かったり、体の抵抗力が落ちていると菌は奥まで侵入し、炎症をひきおこします。

尿道炎の症状

尿道炎の症状

男性では比較的強い症状(痛みや膿(うみ)が排出されるなど)が出やすいことに比べ、女性ではあまりはっきりとした症状が現れないケースが多くみられます。
軽度な症状としては、おりものの増加や軽い排尿時痛が生じます。
重度になると、排尿時の強い痛みや性交渉時の痛みが起こることもあります。
細菌感染といっても発熱がみられることは通常ありません。

また、クラミジアが原因である場合、自覚する症状は乏しくても長期間治療しないことで骨盤内に感染が広がり、子宮や卵管の周囲に影響を及ぼして不妊症につながってしまうリスクがあります。

尿道炎の症状

尿道炎の原因

過労やストレスなどによる体力の低下で、菌が侵入しやすくなり、炎症をおこします。
尿道炎の原因として多いのが、非淋菌性非クラミジア性の細菌(マイコプラズマ、大腸菌、トリコモナス)や、クラミジア、淋菌などによる炎症です。
尿道の入り口から尿道内に感染します。
主に、性交渉時に尿道へ細菌が侵入することがきっかけとなります。
特にクラミジアは性感染症として多くみられる原因菌であり、きちんと治療しない限り、パートナー同士で感染しあってしまい、なかなか治らないピンポン感染が起きてしまいます。

また、不衛生な手で尿道付近に触ることや、腟内への不衛生な手指の挿入、オーラルセックスなども原因となります。
これら以外に、疲労や睡眠不足、ほかの疾患などが原因で免疫力が低下し、尿道口から原因菌が侵入しやすい状況も発症リスクとなります。

なお、尿道炎=性病というわけではなく、性交渉以外でも感染することもあります。

尿道炎の検査

二時間排尿をしていない状態で、尿検査をします。
尿もしくは尿道分泌物(膿など)を顕微鏡で観察して、細菌や白血球(免疫細胞の一種で感染症の際に増加する)の存在を確認します。
また、尿中クラミジアや淋菌を調べ、感染していないかを診断します。

クリニックでは、医療器具などを尿道に挿入するなど、痛みを伴う検査はしていません。

ただし、この顕微鏡検査では菌の種類までは特定することができないため、重症の場合や、なかなか治らない際には、原因菌を特定するために尿培養検査を行います。

尿道炎の治療

基本的には抗生物質による治療になります。
通常は内服薬で治療可能です。
ただし、クラミジアが原因と診断された場合には、一般細菌に有効な抗生物質とは異なる種類の抗生物質が必要であり、薬の変更や追加が行われることがあります。

治りが遅い場合は、点滴や筋肉注射などの処置をすることもあります。

また、クラミジアではパートナー同士で感染しあってしまうと治療が困難となるため、パートナーも同時に治療すること、そしてお互いが治療されるまでは性交渉禁止とすることも必要になります。

尿道炎の治療

細菌性尿道炎 Q&A

細菌性尿道炎とは、クラミジア感染症と淋病以外の細菌によるSTD(性感染症)が原因で起こる尿道炎で、原因菌には、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、ブドウ球菌など様々なものが考えられます。
クラミジアと同じように、症状は比較的軽く、自覚症状がない場合も少なくありません。
しかし、治療をせずに放っておくと、まれに前立腺炎や精巣上体炎(副睾丸炎)、血精液症になってしまうこともあります。

細菌性尿道炎はどうして感染するの?
他のSTD(性感染症)と同様に、あらゆる性行為で感染します。
マイコプラズマ、ウレアプラズマなどの病原菌が原因と考えられていますが、一般検査で菌を検出することは難しく、はっきりと分からない場合も少なくありません。
細菌性尿道炎の症状を教えてください。
男性の場合は、原因となる菌が尿道に感染することで尿道炎を発症します。
主な症状は、尿道からの膿(うみ)、軽い尿道痛、尿道の軽いかゆみや不快感です。
尿道から出る膿は少量の場合が多く、白っぽい色でサラサラしたものから粘り気のあるものまで様々です。
多少黄身を帯びている場合もあります。
また、クラミジア感染症と同じように、症状が軽い場合は、自覚症状を感じない場合もあります。
しかし、気づかずに放っておくと、まれですが、精巣上体炎や前立腺炎、血精液症になってしまうこともあります。
精巣上体炎の症状は、陰嚢(いんのう)の痛みや腫れ、発熱などです。
症状が進むと、鼠径(そけい)部の腫れ、圧痛、下腹部の鈍痛なども現れます。
前立腺炎の症状は、前立腺が充血して腫れ、発熱、排尿痛、頻尿、尿閉などです。
血精液症とは、精液に血が混入する症状のことで、前立腺炎や前立腺がんで現れます。
細菌性尿道炎の検査と治療について教えてください。
細菌性尿道炎の検査は、症状が出て分泌液が採取できる状態であれば、いつでも行えます。
クラミジアと淋菌以外の菌が検出されれば、細菌性尿道炎の治療を開始します。
治療は、テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキノロン系―などの抗生剤を1~2週間服用します。
細菌性尿道炎では、実際は病原菌を特定することが難しいため、自覚症状が消失し、尿道分泌物や尿中の白血球の消失を確認することで治ったものとみなします。
しかい、治療が終了してから2~4週間後に再検査を行い、菌などの無いことを確認することが大切です。
細菌性尿道炎の予防方法を教えてください。
細菌性尿道炎の感染予防には性行為にコンドームを使用することが有効とされています。
また、パートナーも一緒に感染していることが予想されるので、パートナーには婦人科を受診してもらってください。
ページトップへ戻る

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2019年 秋】
2019年 秋