〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
WEB問診票 事前記入はこちら
よくあるお問い合わせ Q&Aはこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
お問い合わせ
メディア・講演依頼
Inquiry From Overseas
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集新着情報サイトマップ

膀胱炎治療

HOME»  膀胱炎治療

膀胱粘膜に付着、繁殖して起こる急性膀胱炎。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

一般内科・漢方治療
糖尿病・甲状腺・内分泌疾患治療
消化器疾患治療
感染症・呼吸器疾患治療
アレルギー疾患の治療・その他の治療
生活習慣病治療
泌尿器科疾患治療
外国旅行用・外国人問診票
健康診断・予防接種
男性のための治療
エイジングケア
がん補完治療
その他の自費治療

飲む高濃度ビタミンC

新規の薄毛治療薬

糖尿病と認知症
糖尿病とガン
老化物質AGEと糖尿病
腸内細菌と糖尿病
緩やかな糖質制限
糖尿病の最新治療
糖尿病教室のご案内
試食会のご案内
感染症の迅速検査
疾患別漢方薬の使い分け
スマホ・携帯サイト

Public Relations Office広報窓口お役立ち投稿記事

KENJA GLOBAL

スーパードクター

経営破綻寸前の病院が大感動を売ってみたら大人気になった件について

日本でいちばん大切にしたい会社8

書籍 12人の医院経営ケースファイル

書籍 臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学

書籍 クリニック人財育成18メソッド

Newyorktimes

Newsweek

スーパードクター出演

ナイツのHIT商品会議室出演

ビジネスビジョン

ビジネス共同参画TV

未来をつくるこどもクリニック

覚悟の瞬間

リーダーの流儀

Caloo

ドクターズファイル

ドクターズインタビュー

-->

創業手帳 軽井沢ラジオ大学 総合医療でがんに克つ Daikandou at TED TALK Next Era Leaders×Wall Street Journals Next Era Leader's Award KENJA GLOBAL スーパードクター 経営破綻寸前の病院が大感動を売ってみたら大人気になった件について 日本でいちばん大切にしたい会社8 書籍 12人の医院経営ケースファイル 書籍 臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学 書籍 クリニック人財育成18メソッド Newyorktimes Newsweek スーパードクター出演 ナイツのHIT商品会議室出演 ビジネスビジョン ビジネス共同参画TV 未来をつくるこどもクリニック 覚悟の瞬間 リーダーの流儀 Caloo ドクターズファイル ドクターズインタビュー

 

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

For JAPAN 日本の未来がココに

医経統合実践塾 クリニカルコンシェルジュ協会 M.A.F 英語スクール ブレイクスルー バーチャルツアー作成依頼

Facebook
 
 
Twitter(クリニック)
Twitter(採用担当)
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

点滴療法研究会サイト

臨床循環腫瘍細胞検査CTC研究会

Research Genetic Cancer Center

人を大切にする経営学会

医経統合実践会対談

医経統合実践会対談
【Youtubeが開きます】

実践塾ご参加後の変化
【Youtubeが開きます】

コペルプラス

急性膀胱炎(単純膀胱炎)とは?

急性膀胱炎(単純膀胱炎)とは?

女性に多い病気です。男性ではまれです。年齢を問わず罹りますが、若い方に多く見られます。

女性の外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。

通常は菌が入っても膀胱の感染防御機構が働いて膀胱炎にはなりませんが、次の様な要因が重なると膀胱炎になります。

要因は?

ストレス、疲れ、体調不良(風邪を引いた後など)、冷え症、尿を我慢しすぎた、1日の尿量が少ない、性行為など

症状は?

  • トイレに行く回数が増える(頻尿)
  • 排尿時に痛む
  • 尿を出し終わっても残尿感がある
  • 下腹部痛(違和感、鈍痛、張った感じなど)
  • 尿が濁る(白く濁っている)
  • 血尿
  • 尿臭が強い
  • 症状が悪化すると、腎盂腎炎などの病気を引き起こし高熱が出て、背中や腰に強い痛みが発生します。

検査は?

尿検査と尿の細菌培養検査で診断します。

トイレで紙コップに尿を採ってきていただきます。
当院では一般的には尿道から管を入れて尿を採ることはしていません。

尿検査
検尿検査で白血球(炎症細胞)が増えていれば膀胱炎と診断します。結果は直ぐに出ます。

尿細菌培養検査
難治性の場合は、細菌の種類と抗生物質の効き具合を確認します。結果は1週間程度かかります。
細菌の種類としては、大腸の中にいる大腸菌、腸球菌や、皮膚・粘膜にいるブドウ状球菌、連鎖球菌などがよく見られます。クラミジア(性感染)のこともあり、クラミジア膀胱炎が疑わしい時は尿中クラミジアのDNA検査をします。
まれに細菌が証明されないこともあります。

超音波検査(エコー検査)
必要に応じて、超音波検査(エコー検査)で腎臓、膀胱に異常がないか確認します。
膀胱炎を繰り返す時、血尿が強い時は他に病気が隠れていないかどうか検査が必要です。

治療は?

抗生物質内服5~7日間。注射は必要ありません。

通常1~2日間で症状はよくなり、5~7日間の治療で治癒します。

症状がよくなっても、もう一度尿検査を行って治癒を確認することが必要です。菌の種類によっては抗生剤が効き辛いこともあり、薬の種類を変えることもあります。

治療期間は?

初回と2回目の来院で済むことがほとんどです。

予防方法は?

  • トイレを我慢しすぎないように。但し、ある程度の我慢は問題ありません。
  • いつも水分を多めに取る。特に1日数回しかトイレに行かない方は注意が必要です。
  • 陰部を清潔に保つ。排尿・排便後は前から後ろに向けて拭きましょう。ウオッシュレットは良いですが、ビデの使いすぎは逆効果です。
  • 性行為の後は早めに排尿する。性行為時に尿道から菌が入ることがあります。
  • 下半身を冷やさないように。
  • 体調管理に気をつける。ストレス、疲れが貯まる、風邪を引くなどで体の抵抗力が弱くなると、細菌が付着して繁殖しやすくなります。

予防方法は?

急性膀胱炎は再発しやすく、治療開始時期が遅れると腎盂腎炎になる可能性があるので、普段から気をつけて予防しましょう。日頃から膀胱に尿を溜め過ぎていると、菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。1日の尿量が1,000~1,500mLになるように水分摂取を行い、尿と一緒に細菌を体外へ排出しましょう。便秘・下痢により病原性の大腸菌が増殖してしまい、感染を引き起こすことがあるので、便通にも気をつけましょう。排尿・排便後は、細菌が尿道口や膣に入り込まないように、前から後ろに拭き、温水洗浄便座の使用を控えましょう。

また、性行為後や生理中は陰部を清潔に保つことを意識するのも大切です。生理中に使用しているナプキンやおりものシートはこまめに交換するようにして、性行為時は尿道に細菌が入りこみやすいため、性行為後に排尿をする習慣をつけましょう。
下半身を冷やさないようにしたり、疲労やストレスを溜めないことも対策になります。

Q&A

1回かかると膀胱炎はくせになる?
くせになることはありませんが、膀胱炎になる要因があると繰り返すことがあります。何度も繰り返す時は他に病気が隠れていないか詳しい検査が必要です。
急性膀胱炎治療後も症状が残る場合は?
尿検査では正常になっているのに残尿感、違和感が残ることがあります。通常は飲水を多くして経過観察することで自然に良くなりますが、症状が強いような時は漢方薬が効果的です。
膀胱炎症状はあっても膀胱炎でないこともあります。
頻尿、残尿感、下腹部の違和感など膀胱炎症状があるのに尿検査では異常なく膀胱炎ではないことがあります。膀胱の他の病気(腫瘍、結石、間質性膀胱炎、排尿障害など)、婦人科系(子宮筋腫、卵巣腫瘍、膣炎など)、消化器系(便秘症、大腸の病気など)、冷え症など骨盤内の微少循環障害(漢方医学では於血という)が原因のこともあります。
男性にも膀胱炎はある?
男性ではまれです。男性の膀胱炎症状(排尿痛、頻尿、残尿感など)は前立腺炎や尿道炎が疑われます。男性の膀胱炎では何か他の病気(前立腺、膀胱、直腸などの病気)が隠れていることがあるので詳しい検査が必要です。

急性膀胱炎以外の膀胱炎について

複雑性膀胱炎(慢性膀胱炎)

慢性膀胱炎とも呼ばれる複雑性膀胱炎は、ほとんど症状がないため自覚していない方が多い膀胱炎です。また、複雑性膀胱炎は基礎疾患があって発症するケースが多く、男性もよく発症する膀胱炎です。注意すべき基礎疾患には「前立腺肥大症」や「尿路結石」などが挙げられ、糖尿病やステロイド・抗がん剤投与中など免疫が低下している時に発症することもあります。ほとんど症状はありませんが、急に症状が悪化する可能性もあるので、注意が必要です。

出血性膀胱炎

ウィルス、放射線治療、抗がん剤治療など、原因が多岐に渡る膀胱炎で、主な症状は血尿です。血尿以外の症状は原因によって異なりますが、頻尿や排尿の際に下腹部が痛んだり残尿感があったりと、他の膀胱炎と同じ症状も発症します。

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎は、膀胱の内側の壁に柔軟性がないため膀胱に尿をためることができなくなってしまう病気です。主に女性が発症する病気で、詳しい原因はまだ判明していません。急性膀胱炎と症状が似ていますが、頻尿だけではなく尿意切迫感の症状もあり、尿が溜まると膀胱の痛みが発生して、排尿すると痛みが軽くなるという特徴があります。大豆や柑橘類の酸性が強い物、刺激が強い香辛料、カフェインなどの食事でも悪化することがあるため、食事指導を受けることがあります。

ページトップへ戻る

希望の募金箱

Dr. Okochi Official English Site

Dr. Okochi Official WEB SITE

大感動を与える医療

見学受け入れサイト

バーチャルツアー Virtual Tour

Foreigners site(外国人サイト)

 

医師募集サイト

スタッフ募集サイト

スタッフ募集動画サイト

スタッフ募集チラシ

ドクターズ・ファイルジョブズ

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できるクレジットカードが増えました!

当院で使用できる電子マネー

私達には大切にしたい会社があります

ホワイト企業大賞

ホワイト企業認定

ホワイト企業アワード

ASIA GOLDEN STAR MASTER AWARD 2023 企業賞 企業家賞 社会貢献賞

おもてなし規格認証 2019

四季の花飾りの紹介

【2024年 春】
2024年 春