〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集お知らせ・新着情報サイトマップ

逆流性食道炎

HOME»  逆流性食道炎

逆流性食道炎の病態は、胃酸分泌が亢進、胃食道接合部のゆるみが本質です。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

スマホ・携帯サイト
Caloo
ドクターズインタビュー
Facebook
 
 
Twitter
Google+
 
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

逆流性食道炎

逆流性食道炎の病態は、胃酸分泌が亢進することと胃食道接合部(下部食道括約筋)のゆるみが本質です。例えばメタボ状態の患者さんが脂肪分、刺激系の食事を多くとると胃酸が過剰に分泌されますが、中年以降になると胃食道接合部にゆるみが生じ多量の胃酸(胃液)が逆流してしまいます。逆流性食道炎は肥満・タバコ・飲酒などの生活習慣の悪化、食生活の欧米化、ストレスなどにより日本人に増加傾向です。また、高齢者では、腰が曲がってしまうと食道裂肛ヘルニアが出現し、定常的な胃液逆流状態となります。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状は様々です。

症状は出現頻度の高い順に記載しました。

  • 胸のあたりが熱く、ひりひりとしみるような胸焼け症状
  • すっぱいものがこみ上げる症状(呑酸(どんさん))
  • 食べ物を飲み込むときにつかえる(嚥下障害(えんげしょうがい))
  • 食べ過ぎた時や脂っこいものを食べた時に不快感がある
  • のどのイガイガが継続し咳がよくでる
  • 声がかすれる

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎は、逆流した胃酸が食道の粘膜を荒らすために、起こる病気ですが、胃酸が逆流する原因は大きく分けると三つの原因があげられます。

1つ目の原因

下部食道括約筋の機能の低下があげられます。下部食道括約筋とは、食道と胃のつなぎ目の部分にあり、胃から食道への逆流を防ぐ働きをしている筋肉です。この下部食道括約筋が、老化などにより機能が低下してしまうと、胃酸の逆流が防げなくなります。逆流性食道炎は高齢者に多いのも、下部食道活約筋が弱まるためです。

正常な胃 逆流性食道炎の胃

2つ目の原因

胃酸の過剰な分泌です。油っこいものなど脂肪分が多い食品をよく食べるような欧米化した食生活を送っていると、食物の過剰摂取により胃の活動が活発になり、胃酸の分泌量が増加し、また胃酸の逆流が起こりやすくなります。

3つ目の原因

腹圧の上昇が逆流性食道炎の原因となります。具体的には、しゃがんだり重いものを持ったりするなど力んだり、肥満やベルトなどによる腹部の締め付けにより、胃が圧迫され腹圧が上昇し、胃酸の逆流が起こりやすくなるメカニズムです。背中が曲がった人に、逆流性食道炎が多いのも、胃が圧迫されることが原因です。

逆流性食道炎の検査

逆流性食道炎(胃食道逆流症)の診断は胃カメラ検査が最も適しています。
逆流症状から一時的に治療を開始された場合でも症状が長引く場合は、一度は胃カメラ検査をすることをお勧めします。

逆流性食道炎の治療法

逆流性食道炎の治療は、薬物療法が中心になります。

お薬には、「胃酸の分泌を抑える薬」「食道の運動機能を改善する薬」「食道の粘膜を保護する薬」「胃酸を中和する薬」の主に4種類があります。

お薬の種類 働き
① 酸分泌抑制薬 PPI
P-CAB
胃壁細胞のプロトンポンプに働き、胃酸の分泌を抑えます。
H₂ブロッカー 胃壁細胞H₂受容体に働き、胃酸の分泌を抑えます。
② 消化管運動機能改善薬 逆流した胃酸を胃に押し戻します。
また、胃の運動を改善して胃からの排出を促進します。
③ 粘膜保護薬 食道粘膜の傷口に働き、胃酸による傷害を防ぎます。
④ 制酸薬 胃酸を中和します。

一般的にはこれらの飲み薬を組み合わせて服用しますが、薬物療法で効果がない場合に、外科的手術をすることもあります。逆流性食道炎の外科的手術には、腹腔鏡手術や内視鏡での手術があります。手術では、逆流性食道炎の原因である、こわれた逆流防止機構の修復を行います。
多くの患者さんでは、食道裂孔ヘルニア(食道と胃のつなぎ目がゆるんで胃がはみだした状態)を併発しており、手術では、(1)ゆるんで大きくなった食道裂孔を縫い縮め、(2)次に、胸の中にあがった胃をお腹の中に戻し、(3)最後に、胃で食道を巻きつけることにより、逆流性食道炎の原因である、こわれた逆流防止機構を修復します。この手術は、噴門形成術(fundoplication)と呼ばれます。

逆流性食道炎の注意点

① 食事の注意 ~早食い、大食いを避け、刺激物、高脂肪食は控えめに~

  • 過食、早食いは控えましょう。
  • アルコール、たばこ、コーヒー、香辛料、カフェインなど刺激になるものは、控えめにした方がよいです。
  • 高脂肪食は控えましょう。

② 日常生活での注意

  • 前かがみの姿勢を避けましょう。
  • 食べた後、出来れば2時間は起きたままでいて、30分は横にならないようにしましょう。
  • 寝るときは、頭が10cmくらい高くなるようにクッションなどを折り曲げて、ベッドの下に敷きましょう。
  • 就寝時は左側を下にして寝るようにしましょう。
  • 運動を取り入れて、肥満解消に努めましょう。
  • 腹圧を上げないようにしましょう。(ウエストの細すぎる服を着ない、ベルトを強く締めすぎないことです。)

逆流性食道炎の予後

治療を開始すると、通常は3日くらいから効き始めて、1~2週間で改善することが多いです。一時的に症状が改善しても再発することが多いので、長期間薬を飲み続ける必要になることもあります。食道粘膜の炎症が良くなるには約8週間はかかるといわれています。症状がなくなった場合でも、自己の判断で服用を中止しないようにしてください。

逆流性食道炎と食道がんの関係

食道の病気として、近年食道癌も増えています。逆流性食道炎の症状であるつかえ感や違和感などは、食道がんでも認められる症状です。また重症の逆流性食道炎は、食道がんが発生しやすいことも知られています。近年では定期的な検診での胃内視鏡検査の普及や、検査機器の進歩によって、食道がんの早期発見例が増え、多くの患者さんで侵襲の少ない内視鏡治療が実施されています。胸やけなどの症状がある方は、胃カメラ検査を検討していただければと思います。

ページトップへ戻る

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

クレジットカードがご利用いただけます。

クレジットカードがご利用いただけます。

おもてなし規格認証 2018