〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集お知らせ・新着情報サイトマップ

新しいピロリ菌除菌治療

HOME»  新しいピロリ菌除菌治療

新しいピロリ菌除菌治療なら愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

スマホ・携帯サイト
Facebook
 
 
Twitter
Google+
 
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

ピロリ菌治療のパック製剤の使用開始

当院では、ピロリ菌治療で有効性の高さからタケキャブを中心とした除菌治療を施行していますが、そのパック製剤(1次除菌用パック:ボノサップ®パック、2次除菌用パック:ボノピオン®パック)が発売されましたので、利用を開始しました。

ピロリ菌治療のパック製剤の使用開始

胃の中には「胃酸」があり、通常は強い酸性下に置かれています。そしてピロリ菌除菌に使う抗生剤は酸性下では効果が減少します。つまりボノサップパックに含まれる、従来のPPI製剤より胃酸分泌抑制能力が圧倒的に強い「タケキャブ」により、胃の中の酸性の度合いが弱まることにより抗生剤の効果が高まり、ピロリ菌除菌の成功率も大幅に上昇したと考えられています。

全国的なレベルで、従来のPPIの使用によるピロリ菌除菌率は75.9%でありましたが、タケキャブ、あるいは、ボノサップ使用によるピロリ菌除菌率は92.6%に大幅に上昇しています。

★ピロリ菌除菌のワンポイントアドバイス

飲み忘れず、7日分しっかり飲みきること。 お薬をのみ忘れたりすると、除菌がうまくいかず、治療薬に耐性をもったピロリ菌があらわれて、薬が効かなくなることがあります。除菌中は飲酒や喫煙は避ける アルコールやタバコは胃酸分泌を多くさせて、除菌率が低下します

★LG21を飲食すると除菌率は高まるの?

LG21を含むヨーグルト(112g入り)1日2回除菌3週間前から除菌中1週間の計4週間服用することで10%除菌率がUPしたと2001年東海大学医学部の高木教授が発表しています。

新しいピロリ菌除菌治療

従来の胃酸分泌抑制薬であるプロトンポンプインヒビター(PPI)とは異なる作用機序のPPIであるボノプラザン(タケキャブ®)が今回発売されました。タケキャブ®の登場は、酸関連疾患治療におけるパラダイムシフトになるかもしれないと言われています。

当院では、地域でいち早く、ピロリ菌除菌率の高いタケキャブ®を使用した新しいピロリ菌1次除菌、2次除菌、3次除菌を開始しました。

ボノプラザン(タケキャブ®)の特徴として、

(1)酸分泌抑制効果が表れるまでの時間が短い
(2)効果の持続時間が長い
(3)効果発現の個人差が少ない

――の3つが挙げられます。

新しいピロリ菌除菌治療

ボノプラザンは、カリウムイオンに競合的にプロトンポンプを阻害して、胃酸分泌を抑制する作用を持つ。酸性環境下でも安定なため、胃の壁細胞の分泌細管に長時間残存できる。

従来のPPIは酸性環境下では不安定なため、分泌細管に長時間留まることができず、酸分泌抑制効果が最高レベルに達するまでに3~4日必要でした。また、CYP2C19で代謝されるため、患者の遺伝子多型によって効果発現にばらつきがありました。

ボノプラザンは、酸性環境下でも安定なため、胃の壁細胞の分泌細管に長時間残存できます。また、主に薬物代謝酵素であるチトクロームP450(CYP)3A4で代謝され、一部がCYP2B6、CYP2C19、CYP2D6で代謝されるため、代謝酵素の影響を受けにくいと考えられています。

ピロリ1次除菌で従来治療を上回る成績

従来のPPIによる治療をボノプラザン(タケキャブ®)に切り替えた場合、治療成績の向上が最も期待されているのはピロリ除菌です。ボノプラザン/アモキシシリン/クラリスロマイシンの3剤併用による1次除菌では、投与4週後の除菌率は92.6%で、ランソプラゾールを含む3剤併用の除菌率75.9%を上回った(図1)。「ボノプラザンは酸分泌抑制効果が表れるのが速いため、従来のPPIに比べて酸分泌を抑制できる期間が長くなる。このため、より高い除菌効果を得られる」と報告されています。

ピロリ1次除菌で従来治療を上回る成績

重度の逆流性食道炎患者に対しても有効

また、これまでのPPIによる治療で効果不十分だった逆流性食道炎患者でも、治療成績の向上が期待されています。ロサンゼルス(LA)分類のグレードA~Dと診断された逆流性食道炎患者を対象とした第3相試験では、投与8週後までの治癒率はボノプラザン群が99.0%、ランソプラゾール群が95.5%だった(図2)。より重症であるグレードC/Dの患者に限った解析では、投与2週後の治癒率はボノプラザン群が88.0%、ランソプラゾール群が63.9%、投与8週後までの治癒率はボノプラザン群が98.7%、ランソプラゾール群が87.5%だった。ボノプラザン群は、投与開始2週時点でも9割近くが治癒していました。

重度の逆流性食道炎患者に対しても有効

作用時間が長いボノプラザンは、従来のPPIでは効果が不十分だった逆流性食道炎患者に対しても有効と考えられています。LA分類でC/Dの患者は夜間の逆流が多く、作用時間が短い従来のPPIでは効果が不十分なことがありました。ボノプラザンは作用時間が長いため、こうした患者でも有効と考えられています。また、効果発現までの時間が短いため、治療期間の短縮も期待されます。

低用量アスピリンやNSAIDsによる潰瘍の再発抑制では、効果発現の個人差が少ないことがメリットといえそうです。再発予防の場合は症状や所見があるわけではないので、薬剤の効果が十分かどうかの判定が難しい。このため、治療効果のばらつきが小さい薬剤を使える意義は大きいです。低用量アスピリンによる潰瘍の再発抑制の第3相試験では、24週後までの潰瘍再発率はボノプラザン10mg群が0.5%、ランソプラゾール15mg群が2.8%だった。NSAIDs潰瘍の24週後までの潰瘍再発率はそれぞれ3.3%、5.5%とボノプラザンに優位に低い潰瘍再発率でした。低用量アスピリンもNSAIDsも、出血頻度が高いのは投与開始0日から14日までといわれている。この観点から、効果が速く表れるボノプラザンが適していると考えられています。

ページトップへ戻る

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

クレジットカードがご利用いただけます。

クレジットカードがご利用いただけます。