〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町桜方上切6-7
[診療時間]9:00~12:00 16:00~19:00
[休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

0587-97-8300
初診の方 事前受付はこちら
再診の方 WEB予約はこちら
駐車場MAP
毎月の混雑度予測
外国人サイト
英語
中国語
韓国語
ポルトガル語
タガログ語
ベトナム語
HOME医師・スタッフの紹介医院案内アクセススタッフ募集お知らせ・新着情報サイトマップ

内分泌疾患

HOME»  内分泌疾患

見逃されやすい内分泌疾患。愛知県稲沢市のおおこうち内科クリニック

スマホ・携帯サイト
Caloo
Facebook
 
 
Twitter
Google+
 
Instagram
Instagram
FreeSpot

院内で無線LAN無料
ご利用いただけます。

ホルモン異常による内分泌疾患ってどんなもの?
ホルモン異常による内分泌疾患ってどんなもの?

クリックすると拡大します。 (上・その1) (下・その2)

見逃されやすい内分泌疾患

原因不明と言われていたあなたの病気は、
実は内分泌疾患かもしれません!

内分泌疾患は、心臓病や糖尿病、更年期障害、うつ病など、別の病気と間違われることも少なくありません。原因不明と言われていた病気が実は、内分泌疾患であったという話も良くあります。そのため、内分泌系の疾患でないかどうかを確認するために、一度は専門の検査をお受けになるよう、お勧めいたします。
主な内分泌疾患には、下記のようなものがあります。

  • 視床下部・下垂体ホルモンの異常:先端巨大症、クッシング病、中枢性尿崩症など
  • 甲状腺の病気:バセドウ病、亜急性甲状腺炎、橋本病など
  • 副甲状腺ホルモンの異常:原発性副甲状腺機能亢進症/低下症など
  • 副腎ホルモンの異常:クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫など
  • 性腺ホルモンの異常:性腺機能低下症、思春期早発症など

1.先端巨大症

下垂体から分泌される成長ホルモンの過剰が原因で起こる病気です。原因のほとんどは下垂体にできる腫瘍(基本的に良性)によるものです。症状としては、唇が厚くなる、額や眉毛部・下あごが突き出てくる、声が低くなる、指輪・靴がはいらなくなる、などが挙げられます。治療の第一選択は手術療法です。手術ができない場合や手術で完治しない場合は、ソマトスタチンアナログやペグミソマントの注射による薬物療法を行うことがあります。

2.中枢性尿崩症

視床下部・下垂体後葉ホルモンの抗利尿ホルモン(バゾプレシン)の分泌低下で、体内の水分が失われて多尿(1日3リットル以上)となる病気です。多尿と、多尿による喉の渇き・多飲が主な症状です。治療は不足している抗利尿ホルモンの補充が基本で、スプレーや点鼻薬が用いられています。

3.バセドウ病

甲状腺に対する自己抗体である、抗甲状腺刺激ホルモン(TSH)受容体抗体のために、甲状腺ホルモンが過剰に合成、分泌される病気です。症状としては、目が突出する、甲状腺が大きくなる、動悸、手足のふるえ、食欲の亢進、体重減少、イライラしやすくなる、などが挙げられます。治療としては、薬物療法・手術療法・放射性ヨード治療があります。

4.橋本病

慢性甲状腺炎とも呼ばれます。免疫学的機序により、甲状腺が徐々に破壊される自己免疫性疾患で、甲状腺ホルモンの分泌低下を認めます。症状として、無気力、疲れやすい、むくみ、寒がり、体重増加、便秘などの症状が挙げられます。甲状腺機能低下があれば、飲み薬での治療が必要になります。

5.原発性副甲状腺機能亢進症

副甲状腺の腫瘍化または過形成により、副甲状腺ホルモンの産生が増加し引き起こされる病気です。副甲状腺機能亢進症の結果、血液中のカルシウムが上昇します。軽度上昇なら無症状のことも多いですが、高値になると、疲れやすい、悪心・嘔吐、喉の渇き、多飲・多尿、尿路結石などの症状があらわれてくることがあります。治療は、手術療法が根本的治療になります。

6.クッシング症候群(クッシング病を含む)

副腎腫瘍、下垂体腺種などにより、コルチゾールというホルモンが過剰に分泌されて起こる疾患です。中心性肥満(顔が丸くなったりおなかに脂肪がつきます)、皮膚が薄くなり青あざができやすい、筋力低下、うぶ毛の増加などが症状として挙げられ、糖尿病、高血圧、骨粗鬆症を合併することもあります。治療は、過剰なホルモンを作っている腫瘍を手術で切除することが第一選択になります。

7.原発性アルドステロン症

副腎皮質からのアルドステロンが過剰に分泌され、高血圧・低カリウム血症を起こす病気です。原因としては腫瘍によるものが多く、症状としては、高血圧以外には無症状のことが多いですが、低カリウム血症に伴う、多尿、筋力低下がみられることがあります。治療は、手術療法と薬物療法があります。

8.褐色細胞腫

副腎髄質、傍神経節細胞から発生する腫瘍により、カテコールアミンなどが大量に分泌される病気です。症状として典型的なものとしては、高血圧、発汗、動悸、頭痛などがあげられます。なかには無症状のこともあり、CTなどで偶然発見されることもあります。治療は、血圧を安定化させた後に、外科的治療で腫瘍を摘出することが原則です。

9.性腺機能低下症(精巣機能低下症・卵巣機能低下症)

精巣機能低下症は、精巣に原因がある原発性精巣機能低下症と、視床下部・下垂体系に原因がある続発性精巣機能低下症とに分類されます。卵巣機能低下症は、卵巣に原因がある原発性卵巣機能低下症と、視床下部・下垂体に原因がある続発性卵巣機能低下症とに分類されます。治療としては、ホルモン補充療法を行います。

10.内分泌性高血圧

内臓のホルモン分泌異常によって起こるタイプの高血圧です。腎性高血圧(腎臓の病気が元で起こる高血圧)に次いで頻度の高い二次性高血圧症です。
バセドウ病などの甲状腺機能亢進で生じるケースが多いのですが、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫など、副腎の病気でも起こってきます。
内分泌性高血圧は、血圧が上昇する原因が明らかであり、原因疾患を根本から治療できれば、完治あるいは軽減させることができます。

ページトップへ戻る

Clinic Info

医院名
おおこうち内科クリニック
住所
〒495-0015
愛知県稲沢市祖父江町
桜方上切6-7
>アクセスマップはこちら
駐車場
70台収容
>駐車場MAPはこちら
TEL
0587-97-8300
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日
水曜日午後、土曜日午後
日曜、祝日

お問い合わせはこちら

クレジットカードがご利用いただけます。

クレジットカードがご利用いただけます。